【イベント10/6(土)】安定の象徴「公務員」を元公務員と現役公務員が徹底解剖

SPONSORED LINK

 

HARU
こんにちは、元公務員歴14年で退職してフリーランスとなって活動しているHARU(@harumizuki423)です。この度、「公務員」という職業を徹底解剖するイベント「公務員解体新書」を開催することにしました。みなさんは、「公務員」についてどんなイメージや疑問を持っていますか?

 

学生の人であれば、

公務員になりたい学生
先行き不透明な時代だから一番安定しているのって公務員だよなぁ。でも、どんな職業なのか全然わからない。ネットに情報もないしイベントもないし。どこかで学べるイベントとかないかなぁ。

 

現役公務員の人であれば、

現役公務員ウーマン
なんとなく公務員になったものの、地域や住民さんのために働けておらずくすぶっていてやりがいを感じられていません。地域の中に出て活動していきたいけどどんな風にやっていけばいいのかわからない。

 

公務員への転職を考えている社会人であれば、

公務員への転職考え中マン
今勤めている会社にこき使われていて休みもない。。。公務員なら土日休みで安定しているよなぁ。でも、どんな業界なのかわからないし、何かイベントとかないかなぁ。

 

このようないろんな疑問や悩みの解決を目指して行うのがこのイベント、「公務員解体新書」です。

ぼくは公務員を退職するにあたって、TwitterをはじめとしたSNSで自分のことを発信していたら、公務員に関する疑問や質問、応援などDMを計100通ほどいただいてきました。

その経験から、「まだまだ世の中の人たちには公務員の仕事を理解していないんだな」と思いました。それなのに、公務員を目指している人はいるし、子どもに公務員になってもらいたい親がいる。

そこで、安定の象徴である「公務員」をテーマに、「自分の生き方、働き方」を考えるイベント「公務員解体新書」を開催することとしました。奈良市役所の現役公務員として働く高松明弘さんと元公務員のHARUがそれぞれの角度からホンネを放ちます。

自分らしさを客観視する「自己認識ワーク」も行うので、「自分らしい生き方、働き方」について悩んでいる人はぜひご参加ください。

 

 

公務員という職業を「解剖」する「公務員解体新書」のイベント概要

日時:10月6日(土)14時から〜17時

場所:きらっ都・奈良(奈良市内・もちいどの商店街内)3階会議室

 

 

出演者の紹介

HARU/ストーリークリエイター

奈良県庁の公務員として14年勤務後、退職してフリーランスに。人にスポットを当てたドキュメンタリー映像・記事を制作し、その人に会いたくなる気持ちを作る「ストーリークリエイター」と名乗り活動中。35歳、2児の父。

専門分野:ストーリー制作、PR戦略と発信、目標設定と課題整理

【公務員時代の経歴】

  • 経理:3年
  • 道路管理と苦情対応:3年
  • 精神保健福祉業務での相談・現場対応兼自殺対策業務:4年
  • その後約3年間7ヶ月の間、県のPR業務の担当し、ストーリークリエイターになるきっかけを掴む
  • 生活保護担当に異動した時、自分の好きなこと、やりたいことに気づき、退職

 

退職後に、著書『グッバイ公務員』を制作し、6月にこの本を書籍化するクラウドファンディングのプロジェクトを行なったところ、38日間で115人から609,806円の支援を受け、達成率115%で成功。現在、出版に向け準備中。”安定を捨てての挑戦”を身をもって示している。

目標:情熱大陸を超えるドキュメンタリーコンテンツを作ること。誰もが自分らしく人生の主人公として生きることができる世界・システムを作る。

趣味:ドキュメンタリー番組、ドラマ、漫画を見ること、読書。

好きな食べ物など:ハイボールとエビフライ

詳細プロフィール記事

 

HARUのSNS

Twitter

Facebook

 

 

高松明弘/奈良市役所職員・奈良をもっと面白くするプロジェクト「編集奈良」代表

幼き頃から教員を目指し、大阪府内の大学で教員免許を取得。その後、名古屋の学習塾で講師として働くが奈良へUターンし県内の高校の数学教師として勤務する。

しかし、県外就業率が全国1位(当時)の奈良で育った学生が大学進学や就職時に県外に流出してしまうことに問題意識を抱き、「奈良県内で働き、暮らせる奈良にすることが必要だ」と感じ、奈良市役所の職員に転職。現在は、動画広報とSNS、ホームページを担当し、市政の取り組みや地域の情報を体感度高く伝えている。

この上の動画のように、奈良の歴史的景観の町並みが美しい「ならまち」が会場となった、奈良の新しいお祭りイベント「ならまち遊歩」のニュースを制作し、発信。このイベントでは代表を務める「編集奈良」のメンバーとともにイベントの運営にも参加。

 

まもなく50万回再生!18歳選挙権の啓発動画「エンジェルは選挙権がお好き」

アーティスト井上涼さんとのコラボ作品!

 

また、県外就業率が高い奈良で働くことを選んだ人たちが集える場を作り、もっと奈良を面白くしたいと思い、地域プロジェクト「編集奈良」を立ち上げ、代表を務め、ローカルメディア「ならマガ」やプレゼンイベント「PechaKucha Night NARA」や、奈良で働く新社会人の歓迎会イベントなども、「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが」の精神で展開している。

 

▼このドキュメンタリー作品を記事で読む方は下のリンク先から

「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘(その1)

 

高松明弘・編集奈良SNS

 

 

一緒に考えたいのは、「自分らしい生き方、働き方」

元公務員と、現役公務員それぞれの経験から「公務員」について客観視するイベントですが、ぼくたち二人の話を「ほうほう」と聞いて終わっては、参加していただくあなたのためにはなりません。

 

自己表現したりやりたいのかを知るには、まず、「自己認識」が大事です。

自分のことをわからない状態では、「私はこんな人間です」と自己表現ができませんよね。

また、自分を理解してもらうこともできなければ、自信にも繋がりません。

 

まず、「公務員」という職業についてみんなで客観視し、そのあと、「自分らしい生き方、働き方」についてワークをします。

 

その中で、自分を振り返っていただき、それを持ち帰って日々に変化を起こしていく。

みんなでそういうことがしたいです。

また、イベント後は、近隣で交流会を18時から行いますので、希望される方はぜひお申し込みください。

 

 

 

イベント参加料・申し込み方法

イベント参加の定員は60名、先着ですのでご了承ください。

交流会の人数確定の必要があるため、申込締切は10/3(水)とさせていただきます。

 

 

参加料

学生枠:500円

(交流会もセットで参加する場合は3,500円)

※当日受付で学生証をご提示ください

 

社会人枠:3,000円

(交流会もセットで参加する場合は5,000円)

 

 

申し込み方法

クレジットカードでの決済を希望される方

Facebookアカウントをお持ちの方

「公務員解体新書」のイベントページで「参加予定」を選択

HARUのオンラインストア「BASE」でチケット購入をおこなってください。

 

Facebookアカウントをお持ちでない方

申し込みフォームから必要事項を入力の上送信。

HARUのオンラインストア「BASE」でチケット購入をおこなってください。

 

入金確認が取れた方へチケットをメールで送付します。

当日受付にてチケットをご提示ください。

 

 

クレジットカードをお持ちでない方は

申し込みフォームの備考欄にその旨記載し、当日受付にて現金でお支払いください。

申込確認後、チケットをメールで送付します。

当日受付にてチケットをご提示ください。

 

 

まとめ

HARU
疑問や質問などあれば、SNSでお問い合わせください。Facebookのイベントページで「興味あり」を選択していただくと、随時更新情報が届きます。いろんな人に参加いただき相互に交流してもらえるイベントにするためにPR頑張ります。協力いただける方はDMください。よろしくお願いします。

 

 

▼Facebookアカウントのお持ちの方はチェックお願いします(更新情報お届けします)

「公務員解体新書」イベントページ

 

 

あわせて読みたい

大学生のキミへ。「日本で最も公務員試験前に参加すべきトークイベント」をやります。

【公務員への疑問】新人でも役所内で意見や自己表現がしやすい?

「ダメなやつ」でも変わる!人生を変えた師匠の言葉

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

YouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

関連記事:ストーリークリエイターHARUへのお仕事依頼

※イベント・セミナーの依頼もお受けします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター