自分のことをわかってないのに自己表現なんてできると思う?

SPONSORED LINK

 

HARU
こんにちは、ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。来月10/6(土)に元公務員×現役公務員のトークイベント「公務員解体新書」というイベントを開催するので、そのPRをおこなっています。 

 

Facebookのイベントページでも、100人以上の方に、「興味あり」と思っていただいてるようです。

ありがとうございます。

 

参加チケットは、HARUのオンラインショップで販売しています。

 

HARUのオンラインショップで購入いただいたらこちらにメールが届くので、確認後にこのチケット画像をお送りします。

当日、受付で提示してください。

 

▼「公務員解体新書」10/6(土) 14:00〜(奈良市内)イベントページはこちら▼

 

 

 

課題:どうやって学生にこの情報を届けていくか

「とりあえず大学だ」

と言われ、やりたいことがあっても、受験勉強のために我慢して受験。

 

 

大学に受かったら次は、

「とりあえず良いところに就活しないとな」

 

 

そして就職したら、

「とりあえず三年我慢できないとダメだ」

 

これ、気づいたら25歳になります。

 

「自分が心からやりたいことはなんなのか?」

「自分はどんなふうに生きていくのか?」

 

まず、その自己認識をすることが大事ではないでしょうか?

自分のことがわからないのに、「私はこうです」とか「こんなことがやりたいです」と自己表現することは難しい。

 

 

なんとなく就職

安定しているから公務員が賢い選択じゃないかな

 

 

ではなく、

 

 

納得した上で、「公務員になりたい」と思えるかどうか。

「自分は公務員じゃなくて違う道に進みたいんだ」と気づけているかどうかってすごく大事なことです。

 

 

公務員になってから1年で辞めたらその勉強の努力はすごくもったいない

ぼく自身、死ぬ気で勉強しました。

公務員試験に合格するために。

 

公務員の仕事内容は知らないのにですよ?

朝から終電までよくやってたなって思います。

合格することが目的になっていて、思考停止状態だから労力を注げたんだなぁって、振り返ってみて思います。

 

 

公務員になってから1年で辞めたらその勉強の努力って流石にもったいないですよね。

 

 

だから公務員を目指す学生には早いうちに問いかけたいです。

「なんで公務員になりたいの?」

「ホンネでそう思ってる?」って。

 

 

学生だけでなく、現役公務員として今苦悩しながら働いている人や、転職で公務員を希望されている人にも問いかけたいです。

 

 

10/6は、「自己認識」を行い、ここからまたリスタートできる日にする。

 

そう思って準備をしているので、この思いに共感していただけた方は、Facebookのイベントページのシェアや参加の検討をお願いします。公務員に興味がある学生にオススメしてもらえたらすごく嬉しいです。

 

どうやってPRしていくかについては、オンラインサロン 「supreme Lab」でも考えさせてもらいます。

がんばります。

 

HARU

 

 

▼Facebookイベントページはこちら▼

 

 

 

あわせて読みたい

関連記事:【公務員】役所内の職員同士の連絡は電話が中心??

関連記事:【公務員への疑問】新人でも役所内で意見や自己表現がしやすい?

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援するnoteの月刊マガジンもやっています

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター