公立大学病院の職員も公務員…? その幅広い仕事内容とは

SPONSORED LINK
就活生のタケシさん
公立病院って県や市町村が建てているから、そこの職員も役所の職員ですか?どんな仕事があるんでしょう?興味があります。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 全国出版までの道のり、イメージがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

最近では公立病院は

独立行政法人化が進んでいますが

元々は県や市町村が建てたもの。

 

 

なので、県立病院であれば

県職員が出向しますし、

市町村立病院であれば、

市町村の職員が出向します。

 

 

今回は、ぼくの過去の経験から

県立医科大学と病院の職員が

どんな仕事をしているのかを説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

県立医科大学と病院の職員の仕事内容とは

  • 予算決算や会計の担当
  • 人事給与担当
  • 庁舎管理担当
  • 学務、入試担当
  • 薬剤などの購入担当
  • 医事関係の担当
  • 科学研究推進の担当

 

こうやって書き出してみると

ものすごく幅広いですよね。

 

希望の部署はありそうですか??

 

 

ぼくはこの中でも

1つ目の予算決算や会計の

担当をしていました。

 

全部署の契約手続きや支払手続きを

していたんです。

 

もう少し具体的にいうと

請求書や見積書や契約書で

「ここを直してもらえますか?」と

依頼して回ってたりしていました。

 

職員から「ぁぁ…またきたか」

というような視線をもらうことも

ありました。(笑)

 

でも、本当に公務員1年目に

みなさんに優しくしてもらえました。

今振り返ってみても、かなり人に恵まれてましたと思います。

 

 

 

 

県庁から独立行政法人の職員になる場合、退職扱いになる?

これ以外に知られてないんですけど、

退職扱いになります。

 

組織が違うので。

「え?じゃあもう県庁に戻れないの?」

と思うかもしれませんがまた戻れます。

形式上の話です。

 

 

県庁職員が出向する場合もありますが、

もう最近では独立行政法人独自で

採用試験をおこなっています。

 

そちらの試験を受けて

採用になった場合は

ずっと法人で勤務することになりますよ。

 

 

まとめ

  • 県立医科大学と病院の職員の仕事内容は幅広い
  • 県庁職員が出向する場合、一旦退職扱いとなる(また戻れる)
  • 独立行政法人独自の採用試験に合格した場合は法人でずっと働くことになる

 

ぼくはセンター試験を

奈良医大で受けたんですけど、

大学進学できませんでした。

 

でも、公務員試験に受かって初めての

職場が大学で、そこの職員になれた時はうれしかったです。

 

公立大学職員の概要の説明となりましたが、

参考になれば嬉しいです。

 

それでは、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

公務員になるか民間企業に就職するか迷われている大学生のあなたへ

元公務員のホンネ「公務員になったことを後悔してる?」という質問について

公務員にコネ採用はある…? 公務員歴14年間の経験から考えてみた

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター