協力者を得るには「(楽しさ+大変さ+心強さ)×チャーミング」が必要

SPONSORED LINK

 

1人で何でもやっちゃう佐々木くん
ぼくは人を頼らず全部自分でやっちゃうんで、可愛げが無いとよく言われます。イベントをやるにしても協力者がなかなか見つかりません。どんな風に協力者を募っていけばいいでしょうか。

 

その悩みについてお答えします。

HARU
こんにちは、ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。この度、元公務員×現役公務員が「公務員」という職業についてそれぞれの角度からホンネを話す「公務員解体新書」を開催することにしたんですが、準備がなかなか大変。ぼくも甘えるのが下手なタイプです。

 

 

協力者を得るには「(楽しさ+大変さ+心強さ)×チャーミング」が必要

まず、「楽しさ」

これは企画の内容がおもしろそうで、参加してみたくなる気持ちがないとダメっすね。

あと、社会貢献というか、自分が「これは問題だな」と思っていることをなんとかしようというイベントだと共感して参加しやすくなりますよね。そういう気持ちが生まれるイベントじゃないと手伝ってもらったり参加してもらうのは難しいですね。

 

次に、「大変さ」

ヒマそうにしてる主催者に「手伝って」って言われても、「は?お前ヒマそうじゃん」って思われて終わりです。

だから誰よりも動く。その上で「助けて」と求めるのが大事ですね。

 

最後に、「心強さ」

「あなただからお願いしたいんだよ」と思える人には「手伝って」と言いやすくないですか??

こんな風に。

 

この「10/6の」というのは、このイベントのことです。

ぼくも現役公務員の高松さんも「出演者」なので、司会進行がいません。(圧倒的盲点)

二人で相談した結果、「奈良県が誇るベッドタウン、王寺町役場のエースの村田大地くんに司会進行してもらえないかなぁ」ということになり、オファーしたのです。

その結果は・・・?

1分以内のやりとりで即快諾。

この実行力!

これが!大事ですね!

 

というわけでここで、10/6のイベントの司会進行を務めていただく、村田大地さんのプロフィールを紹介します。

 

 

イベント司会進行!:村田大地/奈良県王寺町役場職員

(※村田さんは右側の方です。左は王寺町のキャラクターの雪丸くんです。)

広報・プロモーション・企画・町長秘書を担当、メディアユニバーサルデザインアドバイザー。

公務員を目指したきっかけ:大学3回生の時に、タイのプラティープ財団へ短期留学し、虐待やさまざまな理由で親元を離れたスラムの子どもたちのための学校「生き直しの学校」で、地域に根付く問題を解決するプラティープ上院議員(当時)や財団スタッフ、子どもたちと交流した経験から、まちづくりの理念を学び、公務員を目指すことを決意。

その後、臨時職員として王寺町教育委員会で勤務し、町所有のキャンプ場の講師やアウトドアプログラムを実施した。

そして、2015年から正職員として王寺町役場の政策推進課政策広報係に配属し、広報紙をイチから作り直す。印刷会社へ発注するのをやめ、職員で制作して予算をかけないことや、役場ではなく住民を主役にした紙面編集を手掛け、住民の地域参画を後押し。住民アンケートでも広報紙に対する住民満足度・重要度を大幅に高まっていることがわかっている。

その他、役場の公式サイトのリニューアルや、SNSの運営など、広報全般を担当したり、王寺町若手職員勉強会「ジシュベン!!」の運営も行なっている役場内のキーパーソン。

オフの日の過ごし方:子どものための地域活動を企画・運営。

好きな食べ物など:パンケーキ、アップルジュース

 

村田さんには、トークイベント後の交流会まで一緒に参加いただきます。

このようにアツい公務員や参加者を集めて最高の1日にできるようがんばっていきます。

 

 

 

▼定員60名です。イベントの内容・申し込み方法などの詳しいことは、下のリンク先の記事に書いています。

関連記事:【イベント10/6(土)】安定の象徴「公務員」を元公務員と現役公務員が徹底解剖

 

▼Facebookアカウントのお持ちの方は、イベントページのチェックお願いします(更新情報お届けします)

「公務員解体新書」イベントページ

 

 

まとめ

HARU
最高ですね。イベント当日の運営スタッフや、このイベントのPRをおこなっていただけるスタッフを募集しています。気軽にDMをいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

 

あわせて読みたい

【公務員への疑問】新人でも役所内で意見や自己表現がしやすい?

「ダメなやつ」でも変わる!人生を変えた師匠の言葉

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター