まだ下着消耗してるの?(連載:全裸生活3日目)

SPONSORED LINK

 

友人JYUNくん
HARUさん、全裸生活の記事ありがとうございました。最高でした。腑に落ちますね!もっとさらけ出していこうと思いました!

 

▼前回の記事をまだ読んでいない方は▼

関連記事:まだ下着消耗してるの?(連載:全裸生活1日目)

 

HARU
JYUNくんからお褒めの言葉をいただきました。ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。家での全裸生活を始めて3日までに感じた新たな気づきについてシェアしたいと思います。

 

新たな変化:クーラーが29度でも暑くない

逆に寒いくらいです。

このメッセージのやりとりにも書いていますが、風邪をひかないようする必要があります。無印良品のブランケットを羽織ってるんですが、裸で柔らかい毛布に包まっているのは気持ち良いもんです。

どうしても暑かったらシャワーで水浴び。

10秒でリフレッシュ。

 

▼フリーアナウンサーの小林麻耶さんもヌーディー

小林麻耶、全裸生活を大胆告白「一糸まとわぬ、です!」/マイナビニュース

 

 

▼「全裸生活 毛布」で調べたら、「ねとらぼ」さんのこの記事を発見

全裸になってだらける感覚 冬のインドア生活を加速させる人型着る毛布「ダメ着」の最新作が発売

 

冬用だけど、「全裸のような開放感」が味わえる保温性の高い部屋着らしい。(メモ)

HARU
この「ダメ着」の内容を見てみると、「全裸生活はちょっと…」という人でも入門しやすいかもね。ルーチンを離れてみるといろんな気づきがあるもんだ。

 

 

新たな変化:家でEDMの曲をかけるようになった

開放感からか、テンションが上がり、Electric Dance Music(EDM)の音楽をかけるようになりました。ハイテンションで仕事ができて最高です。

 

暑さもストレスも吹き飛ばしていきましょう。

最高っす。

 

 

今回のまとめ

HARU
どうでしょうか?締め付けの多い仕事をされている人ほど、興味が湧いているのではないでしょうか?自分のできる範囲内でぜひ全裸生活を取り入れてみてはいかがでしょう??

 

あわせて読みたい

不安な気持ちに負けてたら、目標は一生達成できないけどそのままで良いの?

「ダメなやつ」でも変わる!人生を変えた師匠の言葉

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼公務員に興味がある人はこちらをどうぞ

関連サイト:HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援するnoteの月刊マガジンもぜひ!!

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター