まだ下着消耗してるの?(連載:全裸生活1日目)

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

 

友人JYUNくん
ホンネで話すことって大事だと思うんですよ。まず自分をさらけ出さないと。。。ぼく、家で全裸生活始めたんですけど、HARUさんは家では全裸ですか?すごくイイんですよ!なんか…言葉には言い表せないんですけど、イイんです!この良さを伝えたいんでHARUさん実践して言語化してみてくれませんか? 

 

このオファーについてお答えします。

HARU
どうも、ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。このたび、友人JYUNくんのこのオファーを受け、本日から家での全裸生活を始めたHARUです。新カテゴリー「まだ下着消耗してるの?」を作り、自分の変化を綴っていくのでよろしくお願いします。

 

よくよく考えてみたら人は生まれてきた時、服を着ていない

なぜ人は服を着るのでしょうか?

 

  • 警察に捕まるから
  • 大事な部分を隠さないと恥ずかしいから
  • 服で自己表現をするため

 

大きくはこの3つではないでしょうか。

「オシャレ」って自己表現、アートですよね?

 

それを全て脱ぎ捨て、今朝から全裸になっているわけですが、早くも感じているメリットとして、次の2点。

 

  • 涼しい(クールビズ超え)
  • 下着や服を選ぶ時間が不要(スティーブ・ジョブズ超え)

 

エアコンの温度を上げても大丈夫です。

シャワーを浴びてタオルでふけばそれで終了。

時間の短縮になり、クラファンのリターンをしたりブログを書いたり企画を詰めたりする時間が増えます。

 

また、アップルの創始者であるスティーブ・ジョブズは服を選ぶ時間を使わないために同じ服を着るようにしていたようですが、それすらも超えました。まだ初日にして。

 

コレ、ヤバくないっすか??

 

 

一方デメリットとしては、

  • 宅急便が来たら服を着る必要があるので、玄関に置いておく必要がある
  • 玄関のカギがかかっているかやたら気になる

 

です。

 

 

飾らない自然体の自分になり、人間を鍛えるためには、自分をさらけ出すトレーニングが不可欠

気づけば、35歳。

全裸の自分で鏡の前に立ってみたところ、筋肉や体のラインを見て、

 

「あ、今自分ってこんな感じなんだ」

 

と客観視。

 

「コレでイイのか??」と、思えてくるところもありますね。姿勢とか。

服で飾らない自分の見た目、中身を磨けば、服を着てもそれが染み出していくのではないか??

 

「服着なきゃ」

「何にしよう?」

 

選択肢を減らし、自分の中の「当たり前」を崩すことによって、思考がいつもより働いているのを感じます。

このブログ記事を書く指の動きもいつもよりスムーズです。

 

 

今回のまとめ

HARU
「全裸?ただの変態じゃん」と思う方もいるかもしれませんが、外には出ませんし、宅急便が着たら「ササッ」と着る服は玄関に用意してあります。また、アーティストのGACKTさんも家では「ポン(全裸)」です。今、「いかにホンネを言えるのか」が試されている時代であるとすれば、「全裸」は避けては通れないのではないでしょうか?この連載を通し、どんな心の変化が起こるのかをシェアしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

あわせて読みたい

不安な気持ちに負けてたら、目標は一生達成できないけどそのままで良いの?

「ダメなやつ」でも変わる!人生を変えた師匠の言葉

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼公務員に興味がある人はこちらをどうぞ

関連サイト:HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援するnoteの月刊マガジンもぜひ!!

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター