京都で子どもにご飯の無料提供をする「みらい食堂」開始!【みらい食堂 #1】

SPONSORED LINK

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

ぼくの友人の

スナックキャンディ京都の

オーナーのぬまっちさん

@tatsu_tatsu_n

京都のパーソナルトレーナーの

横田さん@OIMO13276982

 

京都の烏丸御池駅近くの

スナックキャンディ京都で

子どもは無料、大人は低額の

「みらい食堂」という企画を開始します!

 

今回は、なぜ2人が

このプロジェクトを始めたのかを紹介します。

2人の思いを読んで、

「良い企画!応援したい!」

思っていただいたら嬉しいです。

 

 

SPONSORED LINK


 

なぜ2人は子どもへご飯の無料提供を始めるのか?

▼動画はこちら

 

みらい食堂を今月

(2019年3月)から

企画させていただいた、

沼田と横田です。

 

まず、みらい食堂の内容をお伝えします。

対象はひとり親家庭です。

 

コンセプトは、

「子供とその親に

ご飯を食べる時間を通じて、

ワクワクと幸せを感じていただき

明るい未来を応援する」です。

 

みらい食堂をなぜ立ち上げたのか

僕たちの想いをお伝えさせていただきます。

 

京都のパーソナルトレーナーの 横田さん

京都のパーソナルトレーナーの横田さん@OIMO13276982

▼以下、横田からのメッセージ

僕は子供時代(小・中学生時代)、

生活保護を受けて生活するなかで、

本当に食べるのに困っていて、

お米も買えないというときもありましたし、

外食に行くなんて、とても考えられるような

状況ではありませんでした。

 

焼肉や回転寿司も20歳になってから、

初めて職場の先輩に連れて行ってもらう

というような生活環境でした。

 

食べるということは人間にとって

基本的な部分でありますし、

食べることを通して色々な楽しみや

経験ができると思っています。

 

僕は大人になって仕事を

しっかり出来るようになったら、

同じように困っている子や

同じような境遇の子達の

何か助けになるようなことを

させていただきたということを

目標にしてきました。

 

ぬまっちさんと出会って、

このような機会を設けることができて、

本当に嬉しく思っています。

 

 

スナックキャンディ京都オーナーのぬまっちさん

スナックキャンディ京都の オーナーのぬまっちさん@tatsu_tatsu_n

▼以下、沼田からのメッセージ

僕は小学生の時に両親が離婚して、

母親と関東へ行ったので、

なかなか母親とご飯を食べる機会が

少ない環境でした。

 

そんな中、月に何回か母親と行って

食べる外食が凄く楽しみで美味しかったし、

そういう記憶が僕自身の中にありました。

 

「今、僕達が何か出来ることがないかな?」

と考えたときに、過去の経験から

横田さんと凄くリンクした部分があり、

現在ひとり親家庭の方に向けて、

ご飯を通じてワクワク感であったり、

幸せな時間を過ごしていただきたいなという

想いが2人とも重なって、みらい食堂を企画させていただきました。

 

 

3月30日12時〜14時開催の予定です。

詳細はFacebookページやツイッター等、

SNSに投稿させていただきます。

 

 

みらい食堂を皆さまと一緒に

作り上げていきたいので応援よろしくお願いします!

 

みらい食堂Twitter

 

 

▼次回に続く

自分の幸せだけでは限界がくる。でも他人の幸せを考えると 限界値がなくなる。

 

 

 

あわせて読みたい

学生からの相談は100円で受ける…?元公務員歴9年の「ぬまっち」という男。

スナックキャンディ京都オーナー 沼田竜也の人生ストーリー

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター