イベント周知など大幅前進!ひとり親家庭に感じてもらいたい2つのこと【みらい食堂 #10】

SPONSORED LINK

スナックキャンディ京都

オーナーの沼田

@tatsu_tatsu_n です。

 

 

「みらい食堂」の連載の第10話です。

 

 

3/30に京都の烏丸御池駅近くの

スナックキャンディ京都で

ひとり親家庭の子どもには無料、

大人には低額で

ご飯を提供する「みらい食堂」

という企画の準備をしています。

 

今日、一般社団法人

京都市母子寡婦福祉連合会

母子部の会合の中で、

「みらい食堂」のことをお話させていただきました!

 

スナックキャンディ京都オーナーの沼田@tatsu_tatsu_n です。

ぬまっち@tatsu_tatsu_n

 

 

 

この会合は月に1度開催されていて、

今月の議題に「みらい食堂」のことを

入れてもらうことができていました。

 

 

連合会は京都市の施設である

”京都市ひとり親家庭支援センターゆめあす”内で活動されています。

 

ゆめあすの外観

ゆめあすの外観

 

 

ぼくは去年の夏頃から

ゆめあすの所長さんとつながりがあり、

「みらい食堂」について相談したところ、

今回の会合にお声がけをいただきました。

 

本当に感謝しています!

 

 

SPONSORED LINK


 

京都市ひとり親家庭支援センターゆめあすについて

こちらの施設について調べたところ、

 

昭和575月に、米岡仁子氏から,

「自己所有の土地・建物を

社会福祉のために活用してもらいたい」と

申し出を受けたことを契機に

建物の一部を無償で借り受けし、

昭和592月に上京区で京都市母子福祉センター米岡荘としてスタートされたそうです。

 

 

 

その後,事業の充実・拡大により

狭小となり,近年の複雑・多様化する

ひとり親家庭に関する課題に対して

十分に対応できなくなったこと等から、

 

平成214月に左京区の

「北山ふれあいセンター」内に移転再整備し、

 

ひとり親家庭に関する相談や交流をはじめ

自立に向けた支援事業に総合的に取り組む拠点として,再出発しました。

 

 

平成23年度には、父子家庭の方も

気軽に利用できるよう施設の愛称募集を

行ったところ、全国からの160通の応募の中から

 

「ゆめあす」となりました。

 

 

 

平成24年度には名称を

「京都市ひとり親家庭支援センター」として

父子家庭も含めたひとり親家庭を

支援する施設となっております。

http://yumeasu.com/about/#col_info

 

 

ひとり親家庭を対象とし、

就業支援や生活相談、

親子イベントなどをされている京都市の施設です。

 

 

 

 

京都市母子寡婦福祉連合会母子部の会合でお伝えした内容

本日の会合には、8名の参加者がおられ、

僕は11時から約40分ほどのお時間をいただき

「みらい食堂」のことについてお話をしました。

 

 

まず始めにお話しした内容は、

「みらい食堂」のコンセプトと、

なぜ僕たちが「みらい食堂」を

立ち上げたのかという想いです。

 

 

運営しているぼくと横田さん二人が

幼少期に母子家庭や生活保護等を受けていたことなど

家庭環境や生活状況を説明した上で、

 

このみらい食堂に込めた

「ご飯を食べる時間を通してひとり親家庭の親子にワクワクや喜びを感じていただきたい」

横の繋がり(コミュニティの形成)を作っていただきたい」

という思いを伝えました。

 

 

 

その後は、第1回目開催日である

3月30日の内容について。

 

 

お米やお野菜、ドリンク、

お菓子等をご提供いただいた

協賛者の紹介も併せてお伝えしました。

 

 

また、食事だけでなく、

今後は親子で楽しめる

「体験学習」の必要性も

お伝えしたところ、共感をいただきました。

 

 

 

本日の母子部会合の会長を含めた

参加者の方々には企画の趣旨を

ご理解いただき、

 

「仕事と被ってなかったら参加します」

「私が行けなくても知り合いに伝えます」

と仰っていただけました。

 

 

 

「みらい食堂」をブラッシュアップしていくヒントもいただきました

お話ししていく中で、

いくつかの問題点として

  • 開催曜日、時間帯
  • 開催場所
  • 料金

などについてを指摘を受けたので

そちらについては、

実際にやっていく中で

できる限り軌道修正をしていこうと思います。

 

 

 

なんと今後のイベント周知についてもご協力いただけます

会合の終了間際に、

連合会の事務局から、

 

みらい食堂を継続的に開催されるのであれば、

連合会が年に数回発行している定期刊行物(パンフレット)に掲載してもいいですよ

 

と言っていただけました!

 

 

この刊行物は連合会の会員様一人一人へ

配送されるとのことなので、

「みらい食堂」のイベント周知に

ぜひ活用してくださいとのことでした。

今後の「みらい食堂」の

周知等については連合会と連携して

おこなわせていただけます。

 

また、活動を通して施設の案内もさせていただきたいと思っています。

 

 

 

 

最後に

引き続きみなさんと一緒に

「みらい食堂」を広げ、

盛り上げて行きたいと考えています。

 

 

本番までの日程が近づいて来ましたが、

その事前イベントとして

3月24日(日)に

「みらい食堂について話す会」

14時~18時(自由参加)

を開催させていただきます。

 

 

ひと親家庭の方に何かしたいという

お気持ちがある方とぜひお話ししたいです!

引き続き応援よろしくお願いします!

 

 

3.17 沼田竜也

 

▼イベント詳細は下のリンク先から

3/24 「みらい食堂について話す会」Facebookイベントページ

3/30 第1回「みらい食堂」イベントページ

 

 

 

▼次回に続く!

子ども食堂を運営されている先人の方とつながりたい!【みらい食堂 #11】

 

 

 

「みらい食堂」これまでの連載

#1 自分の幸せだけでは限界がくる。でも他人の幸せを考えると 限界値がなくなる。

#2 自分の幸せだけでは限界がくる。でも他人の幸せを考えると 限界値がなくなる。

#3 京都でひとり親家庭の子どもに無料でご飯を提供します。【全国からのご支援への感謝】

#4 ひとり親の子どもだけじゃなく親たちにとっての居場所も作る。

#5「みらい食堂」のチラシ配付へのご協力のお礼と感謝

#6 ご縁に感謝!3/17は京都市ひとり親家庭支援センター「ゆめあす」でイベント案内!

#7 「みらい食堂」共同運営者の横田岳士(ヨコタタケシ)ってどんな人?

#8 友人の岩崎さんから「みらい食堂」に協賛いただきました!

#9 現役保育士の貞本さんから「みらい食堂」に協賛いただきました!

 

 

あわせて読みたい

学生からの相談は100円で受ける…?元公務員歴9年の「ぬまっち」という男。

スナックキャンディ京都オーナー 沼田竜也の人生ストーリー

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター