子ども食堂を運営されている先人の方とつながりたい!【みらい食堂 #11】

SPONSORED LINK

スナックキャンディ京都

オーナーの沼田

@tatsu_tatsu_n です。

 

 

「みらい食堂」の連載の第11話です。

 

3月30日に京都の烏丸御池駅近くの

スナックキャンディ京都で

ひとり親家庭の子どもには無料、

大人には低額で

ご飯を提供する「みらい食堂」

というイベントをおこないます。

 

 

初開催となりますが、

良いイベントにしたいと思って

準備を進めているところです。

 

 

 

しかし、正直な話をすると

なにぶん、初めての開催なので

不安なところもあります。

 

 

 

なので、すでに子ども食堂の運営をされている方や

仕事でひとり親家庭の方々と関わりがあったり

実務経験がある方からのご意見や考えや

情報を共有していただけないかなと思い、

この記事を書いています。

 

 

 

実は、3月30日の

約1週間前の3月24日の

14時~18時の間に

「みらい食堂について話す会」

というイベント企画しました!

 

 

 

ぜひ、すでに子ども食堂をされている方や

実務経験のある方がいらっしゃいましたら

ご参加いただけると嬉しいです。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

 

ひとり親家庭の支援の輪を広げていきたい

すでに行われている子ども食堂と

ぼくたちが企画している

「みらい食堂」の相互の情報発信や

情報共有をさせていただきたいです。

 

 

つながりも求めていて、

それはなぜかというと、

昨日、京都市ひとり親家庭支援センターゆめあすさんで開催された

京都市母子寡婦福祉連合会母子部の会合の中で、

参加者さんからもお声があったのですが、

「身近な場所で子ども食堂を

開催されていることを知らなかった」と仰ってたんです。

 

 

 

まちの中で開催しているかは知っているけど、

「どこでいつ開催されているかまでは知らない」

という方々も、まだまだおられるという現実を知りました。

 

 

このお話を聴き、

みらい食堂と子ども食堂の情報を

併せて発信していくことができたら、

お互いにとってとても良いことだと気づいたんです!

 

 

支援先の家庭層やコミュニティに

違いがある場合は補完し合える

ネットワークを結べたら良いなと考えています。

 

 

 

最後に

教えを請うところが多いかと思いますが、

3月24日のイベント時間中は

出入り自由ですので、

 

少しでも興味があればぜひつながり、

いろんなお話をできたらうれしいです。

 

 

3月30日のイベントには行けないけど、

24日なら行けるという、ひとり親家庭の方のご参加もお待ちしています!

 

 

2019.3.18 沼田・横田

 

 

▼イベント詳細は下のリンク先から

3/24 「みらい食堂について話す会」Facebookイベントページ

3/30 第1回「みらい食堂」イベントページ

 

 

 

 

「みらい食堂」これまでの連載

#1 自分の幸せだけでは限界がくる。でも他人の幸せを考えると 限界値がなくなる。

#2 自分の幸せだけでは限界がくる。でも他人の幸せを考えると 限界値がなくなる。

#3 京都でひとり親家庭の子どもに無料でご飯を提供します。【全国からのご支援への感謝】

#4 ひとり親の子どもだけじゃなく親たちにとっての居場所も作る。

#5「みらい食堂」のチラシ配付へのご協力のお礼と感謝

#6 ご縁に感謝!3/17は京都市ひとり親家庭支援センター「ゆめあす」でイベント案内!

#7 「みらい食堂」共同運営者の横田岳士(ヨコタタケシ)ってどんな人?

#8 友人の岩崎さんから「みらい食堂」に協賛いただきました!

#9 現役保育士の貞本さんから「みらい食堂」に協賛いただきました!

#10イベント周知など大幅前進!ひとり親家庭に感じてもらいたい2つのこと

 

 

 

あわせて読みたい

学生からの相談は100円で受ける…?元公務員歴9年の「ぬまっち」という男。

スナックキャンディ京都オーナー 沼田竜也の人生ストーリー

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター