京都でひとり親家庭の子どもに無料のご飯提供。(全国からのご支援への感謝)【みらい食堂 #3】

SPONSORED LINK

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

ぼくの友人の

スナックキャンディ京都の

オーナーのぬまっちさん

@tatsu_tatsu_n

京都のパーソナルトレーナーの

横田さん@OIMO13276982

 

京都の烏丸御池駅近くの

スナックキャンディ京都で

子どもは無料、大人は低額で

ご飯を提供する「みらい食堂」

という企画の準備をしています。

 

▼2人が子どもへ無料の食事提供をすることを決意した理由はこちら

京都で子どもにご飯の無料提供をする企画「みらい食堂」が開始!

 

 

SPONSORED LINK


 

全国から子どもたちのためにあたたかい支援をいただきありがとうございます!

第1回「みらい食堂」を

開催させていただく沼田と横田です。

 

「みらい食堂」をさせていただくにあたり

全国各地、たくさんの方からの

温かいお声がけやご支援のおかげで

開催当日の内容を盛り上げることができます。

 

今回、

お米・玉ねぎ・卵・アイス・ジュース・焼き菓子を

北海道・京都・大阪・奈良・福井から、

ゲストハウス無料宿泊券を東京の方から

協賛という形で支援いただきました。

 

この場を借りて、

あらためましてお礼申し上げます。

ありがとうございます!

 

 

この度、物心両面で支援いただけて、

優しい気持ちを持っておられる方が

こんなにも沢山いらっしゃるんだなと

いうことを強く感じました。

 

 

あとは皆様の優しい気持ちを

「みらい食堂」に来てくれる

特に子ども達に伝えていくのが、

運営させていただいている沼田と横田の義務です。

 

絶対に当日は良いイベントにします!

本当にありがとうございます。

 

 

 

僕たちが始める“みらい食堂”と既存の“こども食堂”との違い

沼田と横田二人の「想いファースト」の

プロジェクトなので、

対象を“ひとり親家庭の親子”としており、

公的機関等からの

助成金等(こども食堂関連)を活用していません。

 

 

基本的に、

僕たちの“想い”や“プロジェクト”に

共感してくださる方の

支援や寄付を活用させていただいています。

 

 

まずは“食”を通じ、

今後様々なコンテンツを繋ぎ合わせ、

ひとり親家庭の“明るい未来”を応援していきます。

 

沼田・横田

 

 

 

第1回「みらい食堂」開催内容

▼日時

3月30日(土曜日)

12時から14時

 

▼場所

〒604-0834 京都府京都市中京区高田町

 

▼対象

「ひとり親家庭」の親子

 

▼料金

お子様 無料

大人 500円

 

▼当日のメニュー

辛くないマイルドキーマカレー(1ドリンク付)

※お楽しみあり♫

 

▼数量

※20食限定

 

ご来店される皆様に

喜んでいただきたいので、

事前に下記のメールアドレスあてに

ご来店の人数や、

来店される時間帯など

分かる範囲で連絡いただけたら嬉しいです🙏

 

 

▼連絡先(mail)

miraisyokudou2019@gmail.com

 

▼Facebookをされている方へ

第1回「みらい食堂」イベントページ

 

 

▼主催者

ぬまっちのTwitter

@tatsu_tatsu_n

自己紹介記事はこちら

 

 

横田のTwitter

@OIMO13276982 

 

 

▼発信担当

ハル(@harumizuki423

 

 

▼次回に続く

ひとり親の子どもだけじゃなく、その親たちにとっての居場所も作る。

 

 

 

「みらい食堂」これまでの連載

#1 自分の幸せだけでは限界がくる。でも他人の幸せを考えると 限界値がなくなる。

#2 自分の幸せだけでは限界がくる。でも他人の幸せを考えると 限界値がなくなる。

 

 

 

あわせて読みたい

学生からの相談は100円で受ける…?元公務員歴9年の「ぬまっち」という男。

スナックキャンディ京都オーナー 沼田竜也の人生ストーリー

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター