【イベントレポート】第2回「みらい食堂」(2019.4.19)【みらい食堂 #36】

SPONSORED LINK
1児のシングルマザーKさん
金曜日の夜、やっと一週間仕事が終わったけど、帰ってご飯を作る時間や気力がないです。どこか子どもと一緒にお出かけできて、同じ子育てママやパパと交流できるところはないかな??

 

こういったお悩みを持つ方に知ってもらいたいのが、「みらい食堂」です。

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

「みらい食堂」の連載の第36話です。

 

 

昨日、京都にある

Cafeキャンディ京都

オーナーの沼田

@tatsu_tatsu_n

京都のパーソナルトレーナーの

横田 @OIMO13276982 さんが、

 

京都の烏丸御池駅近くの

Cafeキャンディ京都で

ひとり親家庭の子どもには無料、

大人には低額でご飯を提供する

「みらい食堂」というイベントをおこないました。

マイルドキーマカレーをお出しします

今回のメニューは!お子さんでも大丈夫なマイルドキーマカレー。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

この日は、初めて平日夜に「みらい食堂」を開催

協賛でいただいたお米をといで準備をするぬまっちさん

協賛でいただいたお米をといで準備をするぬまっちさん

イベントは17時から開始。13時頃から準備を始めた。

イベントは17時から開始。13時頃から準備を始めた。

▼ぬまっち

朝から買い物も行って準備OKです。

おいしいって言ってもらえるように

キーマカレー作りますわ!

 

京都市内にある「エステティックリコ」のエステティシャンの谷本久美子さんから卵とコーヒーの協賛

京都市内にある「エステティックリコ」のエステティシャン谷本久美子さんから卵とコーヒーの協賛

前回の参加者、藤井千晶さんから人参の協賛

前回の参加者、藤井千晶さんから人参の協賛

前回参加者の、本山さんからも手作りクッキーをいただきました

前回参加者の、本山さんからも手作りクッキーをいただきました

▼ぬまっち・横田

こうやって前回から

引き続いて支援いただけて

本当にうれしいですね。

 

継続していけるように

がんばっていきたいです。

 

 

第二回「みらい食堂」のイベントの様子

Twitterがきっかけで大阪から参加していただいたノブさん。

Twitterがきっかけで大阪から参加していただいたノブさん。

DJ NARIkinも参加!子どもたちもDJの機材に興味津々

今回もDJ NARIkin(@kelhya64)が参加!

子どもたちもDJの機材や操作に興味津々

子どもたちもDJの機材や操作に興味津々

 

 

今回の「みらい食堂」の感想

Q:初めての平日夜の開催でしたけど、やってみてどうでしたか?

 

▼ぬまっち

今回、初めて平日の夜に開催してみて、

試験的な意味もあったんですけど

仕事終わりの方々に参加していただけました。

 

参加者は1回目よりも少なくはなりましたけど、

それでも仕事終わりにお子さま連れで参加いただいたり、

親御さんお一人でも参加いただけたことが嬉しかったです。

 

仕事が忙しいお父さんや

お母さんのご都合もあるので、

今回の結果だけで判断はしたくないですね。

 

夜は夜で、家でもご飯の準備や

後片付けなどをしなくても済むし、

お酒を楽しめるという利点もあるなと

実感できたのでこれからも

毎月開催したいと思います。

 

あと、今回もボランティアという形で

僕たちと一緒にサポートしてくれた ハルさん、

伊達さん、ケント君には本当に感謝です。

引き続き、応援等宜しくお願いします!

 

 

▼横田

お仕事の後でお疲れもあったと

思いますが来てくださった皆様、

本当にありがとうございます!

 

正直なところ時間帯としては、

お仕事後の時間になるので、

たくさんの方に来ていただくには

難しさもあるなと思いました。

 

ただ、少人数だからこそ

コミュニケーションを密に取れたし、

参加者の皆様としっかりお話させて

いただけたことはよかったですね。

 

 

 

Q:嬉しい感想はありましたか?

 

▼ぬまっち

参加してくれたお子さんが

”カレーおいしい、お代わりしたい!”と

言ってくれた時はとても嬉しかったです。

1杯目の量、大人並みに盛ったんですけど(笑)

 

帰り間際に手を振ってくれたり、

子どもさんの素直な行動が垣間見えた時は

やっぱり嬉しいです!

 

親御さんからも”カレー美味しい”と

言っていただけたので、 作り甲斐がありました!

 

あと、大阪や遠くからでも

わざわざ来てくれることはとても嬉しいです。

時間を使って来てくれているから、

そこには感謝しかありませんね。

 

 

▼横田

小学6年生の女の子のお子さんが、

マイルドキーマカレーを

「おいしいから、おかわりしたい」

2杯食べてくれました。

 

ぬまっちさんが作っているのに

嬉しくて、「どんどん食べて!」と

僕が少しイキってしまいました(笑)

 

▼横田

あとは、同じ女の子が「学校より楽しい」と

言ってくれていました。

これは完全に金色DJ NARIkinさんのおかげですね。

お子さん達のリクエストを聞いて

即興で曲をMIXしてくれたり、

ターンテーブルでキュッキュッと

スクラッチ体験をしてくれたり、

とても楽しそうでした。

僕も子どもだったら確実に楽しんでましたね。

 

 

 

Q:次回5月5日(日)の「みらい食堂」に向けて考えていることは?

 

▼横田

すでにご参加申し込みをいただいている方が

親子合わせて10名ほどいらっしゃって

私自身も非常に楽しみなイベントです。

 

素敵な「こどもの日」にできるように

精一杯させていただきますので、

ぜひお越しください!お待ちしてます。

 

 

▼ぬまっち

この日はこどもの日っていうこともあって、

場所を”ウィングス京都”に変更して、

子どもたちや親御さんと一緒に

ワイワイできる”体験コンテンツ”を取り入れてみます。

 

協賛でいただいたお米を使って、

みんなでおにぎりを握って食べるということと、

お友達の書道家”のましほさん”を招いて、

無料の書道体験をおこなっていただきます。

書道家:のましほさん

書道家:のましほさん(@nomashiho_44

▼関連記事

GWの思い出づくり!京都で子ども向け書道無料体験教室をおこないます【みらい食堂#32】

 

 

▼ぬまっち

大人もお子さんも楽しめる

イベントになると思いますので、

親子でぜひ参加していただいて

GWの思い出を作っていただけたら嬉しいです!!

 

そして、このイベントが

”ひとり親家庭以外の方”にも積極的に参加してもらいたいし、

一緒に「みらい食堂」の活動を盛り上げていただけたら嬉しいです!

 

ひとり親家庭以外の方の

今回のイベント参加費1,000円

(対象家庭以外の方の大人参加費)ですが、

このうちの50%をみらい食堂の運営として

寄付させていただきます。

 

「一緒に参加するだけで

サポートすることができる」

という仕組みを考えました。

 

この世の中にはいろんな人がいることを尊重し、

みんなで”ひとり親家庭の方々”を

サポートしていければもっと

温かい世の中になると思っています。

 

5月5日、みんなで楽しみましょう!

ご参加どしどしお待ちしております!!

 

 

 

▼Facebookをされている方へ(イベントページ)

第3回みらい食堂イベントページ

 

 

「みらい食堂」は当日参加可能です。

 

食事の準備や無料書道体験教室の

参加人数を把握するため、

参加を希望される方は、

miraisyokudou2019@gmail.comまで

ご連絡いただけると助かります!

 

参加申し込みお待ちしています!

 

 

 

「みらい食堂」これまでの連載

「みらい食堂」記事一覧ページ

【イベントレポート】第1回「みらい食堂」(2019.3.30)【みらい食堂 #24】

 

 

あわせて読みたい

学生からの相談は100円で受ける…?元公務員歴9年の「ぬまっち」という男。

スナックキャンディ京都オーナー 沼田竜也の人生ストーリー

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター