なぜ彼女は公務員を退職したのか?元草津市役所職員 吉川真実

SPONSORED LINK
公務員パート興味ありの2児のママさん
ハルさん、元公務員の知り合いがいますよね?なぜ辞めたか気になります。事例として参考に教えてもらえませんか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 元草津職員歴11年、吉川真実が退職した事例が知れる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(harumizuki423)です。

 

 

これから公務員を目指す人や

子どもが公務員になってくれたらいいなと思っている

保護者からすると、公務員を辞めた人の話って

気になるのではないかと思います。

 

 

今回は、

元草津職員歴11年の

吉川真実さんが退職した事例を紹介します。

 

 

SPONSORED LINK


 

元草津市役所職員 吉川真実のストーリー

はじめまして!

Smile Creator 吉川真実です。

今、筆文字アーティストと抗体美容ディーラーの営業の活動しています。

 

1985年生まれで、今33歳。

子どもが3人いて、

小学校5年生、2年生、5歳です。

 

私が好きなのは、まちづくり。

昨年の9月から趣味で筆文字をはじめました。

 

私のモットーは、

目の前の人を笑顔にするということです。

 

高校卒業後、公務員として11年間働いて、

29歳の時に退職して、

抗体美容ディーラーの方で就職させてもらいました。

 

 

 

なぜ公務員になったのか

父が警察官だったこともあり、

生まれてから小学校まで

7回ほど引越しをして、

滋賀県内を転々としていました。

 

 

このことから、

自分の軸ではなく、

周りに合わせて生きるということを

子どもの頃からやっていました。

 

その頃の自分は4月になると、

みんなの前で自己紹介をして、

全てのグループに入っていってました。

そんな子どもでした。

 

 

中学校から将来の夢は、

公務員になることでした。

 

 

なぜかというと、父から

「公務員になったら幸せになれるよ」と

教えられて育ってきたことが影響しています。

 

 

なので、高校生になった時には

公務員になるために塾に通って勉強をして、

市役所の試験に合格しました。

 

 

世間がいう「幸せのアイテム」を手にしても自分を好きにはなれなかった

就職してから職員の旦那と出会い、

21歳で結婚して、22歳で子どもを産んだんですけど、

その頃の友達って大学生だったんですね。

 

だから、

一人で子育てをしなくちゃいけない!

どうしよう!

 

小さい子どもは好きだけど、

新生児は抱っこしたこともなく、

本当に孤独でした。

 

 

そして、24歳の時に

2人目の子どもを妊娠し、

家を購入し、

優しい旦那がいる。

 

むかし、思い描いていた

「幸せのアイテム」を

全部手に入れたのに

全然幸せじゃない自分に

気づきました。

 

 

 

転機:自分のことを受け入れられるようになっていった

「なんでこんなに満たされないんだろう?」

 

そう思っている時に、

転機が訪れました。

 

 

NPO法人で子育てサークルをしている

なおちゃんに出会ったんです。

 

 

なおちゃんと出会ったことで、

「こんなに楽しく子育てができるんだ!」と、

思えるようになったんです。

 

 

そして、仕事復帰したんですが、

その時に私が担当したのは

「離婚相談」でした。

 

 

「離婚相談の担当は大変だよ」と

市役所でも言われていて、

「いろんな人が来るから病んでいくよ」とかも

言われてたんですね。

 

 

でも、私はその時に、

相談者一人一人を受け入れる」ということをしました。

すると、自分のことも受け入れられるようになったんです。

 

 

「これからどうしていこう?」

考えられる自分にさせてもらえたのが

この経験です。

 

 

自分の人生について考えるようになって、

「変わりたい!」とずっと思ってたけど、

全然変われませんでした。

 

 

なぜ公務員を退職したのか

30歳を目前にした

29歳の時に、

「私ってなんで

こんなんなんだろう?」と思いました。

 

「昔思い描いていた30歳の自分は、

もっともっと輝いてたのに」って。

 

 

何か失敗したら誰かのせい

「私だってお母さんなんやもん」と思いながら

過ごしていました。

 

 

「このままじゃダメだ!」と思い、

公務員を退職する決断をしたんです。

 

 

なぜかというと、

優しい子に育てたいなら、優しくなりなさい

あいさつする子に育てたいなら、あいさつをしなさい

 

と言われて、

 

「私は子どもに何を求めるんやろ?」と考えた結果、

「挑戦する子になってほしい!」と思いました。

 

 

何か1つでも

「これめっちゃ好きやねん!」って

言えるものをもってほしい。

そんな人生を送ってほしい。

 

 

「そうなってもらうためには、

私がそう生きるんだ」と思って

公務員を辞める決断をしたんですけど、、、

 

 

みんな猛反対してきました。

 

 

OKしてくれたのは、

旦那さんとNPO法人のなおちゃんでした。

 

 

挑戦者として人生をリスタート

たまたま、なおちゃんに電話した時、

映画の「生まれる」を自主上映しないかって、

合計1200人を動員してやろうって言われて、

 

私は、「面白そう!やろうやろう!」と返事しました。

今思えばすごいプロジェクトなんですけど、

その時、挑戦することを選びました。

 

 

それがまさかの大成功。

NPO法人化にそのまま進み、

子育て中のママの居場所を作ることを進めます。

NPOの副代表として2年間務めさせてもらいました。

 

 

映画「下町ロケット」の植松努さんってご存知ですか?

その上映会の時に、私は人前で一切話せなかった私が

600人の大勢の人の前で話すことに挑戦しました。

 

この時は本当に死にそうでした。

でも、死ねない!

やらないといけないから!

 

 

22歳の頃から

孤独な子育てをしていた私でしたが、

これまで少しずつ仲間が増えてきて、

今ではめちゃくちゃ楽しいです。

 

 

「子育て」

ってか、子どもを育てるという概念がおかしい。

 

子どもから学んで

子どもと一緒に成長すればいい。

 

 

その時に、言葉を変換することを覚えました。

 

「〇〇もできへんの?」

→「生まれて9年だもんね」

 

「早くしてよ!」

→「昨日よりめっちゃ早いやん!」

 

というふうに、

プラスのことに視点を合わせて

いくようにしたんです。

 

 

 

最後に

「自分が変われば、世界は変わる」

 

不満だらけだったけど、

自分が変わることで、

こんなにイキイキと暮らせるようになるんだって

思えるようになりました。

 

 

今何も不満がなくて、

自分と同じ考え方の仲間と一緒に

生きられるって本当に幸せなことだなと思います。

 

 

 

まとめ

  1. 「公務員になること」がゴールになっていた
  2. 「自分の本当の幸せ、生き方」を考えながら葛藤の日々を送った
  3. 挑戦する子どもになってほしいから、自分が挑戦者となった
  4. 子育てではなく、一緒に成長する道を歩むと決断した
  5. 自分が変われば、世界は変わる

 

 

親からの「公務員になったら幸せになれるよ」という

言葉を信じている人は多いのではないでしょうか。

 

男の子の親の5人に1人、

女の子の親の10人に1人は

子どもが公務員になってほしいと

思っていることが調査でわかっています。

 

 

公務員になるにしても、

「なぜ公務員になるのか?」

この質問の答えがないと、

あなたの幸せは見つからないかもしれません。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

 

ハル(harumizuki423

 

 

 

 

あわせて読みたい

古都・奈良の公務員 高松明弘の人生ストーリー

なぜ、35歳2児の父のHARUは公務員歴14年で退職したのか?

公務員の仕事現場ではAIの導入が進んでる?

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター