自分に成る by ストーリークリエイターHARU

SPONSORED LINK

あなたは1日のうちどれくらいの時間、仕事をしているだろうか。

役所や会社勤めだと短くても8時間

残業や通勤時間を入れると、1日の半分を仕事に費やしている人もいる。

 

「仕事」の時間を豊かなものにすればするほど、幸せを感じられるはず。

でも、「自分がやりたいことがわからない」っていう人がいる。

 

これはなんでなんだろう?

 

考えてみたら3つの理由があることがわかった。

 

1つ目は、生まれた家庭環境や、特に親との関係だ。

子どもはやりたいことがあると勝手にのめり込む力があるんだけど、親がアレコレ口を出して意思を奪っていくことがある。

 

「〇〇してないと鬼やお化けがでるよ」
「人から笑われるよ」

 

そうやって、人の目を気に「できる」聞き分けの良い子どもができていく。

 

 

次に、学校

先生にもよるけど、ルールは教えてはくれるけど、「人生の生き方」を考えられるような授業はない。

だって哲学の時間がないんだから。

 

なんで無いんだろう?

日本人みんなが「私はこう生きる!」って気づくと不都合があるのかな?

義務教育っていう機会がみんなあるのに勿体無い。

 

だって、哲学は、

「この世界はどのようにできているか?」
「ぼくたちはその中でどう生きるのか?」

っていう学問だからすごく大事だ。

 

不思議だね?

 

 

 

そして、3つ目。

受験。

 

受験勉強をするためにやりたいことを我慢した人がいると思う。

子どもの頃の時間ってとても貴重なんだけど、「とりあえず大学に入っておけ、みんな行ってるし」という言葉を言われる。聞き分けのいい子どもは塾に行ったり、テストで良い点を取れるようにがんばる。

 

とりあえず大学に入ってしまうもんだから、途中でやめてしまう人もいる。

でも、辞めると「ダメなやつ」って認定されているよね。

認定っていっても賞状はくれないけどね。

 

 

どうしたら、みんなが自分の人生を納得して生きられるようになるんだろう??

親や誰かのための人生を歩んでしまっている人がいるけど、本来、人生は自分のものなんだ。

だって、人間には意思があるから。

 

 

 

「自分に成ろう」

 

これは、ぼくの活動している目標だ。

 

この「成」っていう漢字は、「丁」が「クギ」の形を、「戊」が「マサカリ、オノ」を表し、道具を用いて建物などが「仕上がる」という意味。

 

自分の人生を自分で決定する「心」を作っていく。

そして、なりたい自分に成って、そのチカラを発揮していく。

これをみんなができたら最高だと思わないかな?

 

 

だから人生を取り戻す解決策を考えた。

次の3ステップで説明するけど、

 

 

まず、1ステップ目。

「自分に成れる場所」を作る。

 

その場所のことを、仮に「ルイーダ(仮)」と呼ぼう。「ルイーダ(仮)」は都道府県に最低1つずつ。

これは必ずみんなが求めることになる。

 

 

次に2ステップ目。

せっかく場所を作っても、人が集まらないと何もできないよね。

で、どんな人を集めるか?

あなたと同じようにモチベーションは高いけど、「自分はなにがしたいんだろう」とモヤモヤしている人に集まってもらう。

 

そして、次に何をすると思う?

自分のことを振り返って、自分の人生を自分で決定する「心」を作る。

自分の人生に責任を持った時点で、興味のあることがきっとできる。

 

 

そのあとは、いろんなフリーランスや経営者を呼んで、ホンネの話を教えてもらう。

だって、ラーメン屋になりたいならラーメン屋じゃない親や学校の先生じゃなくて、実際に活動して結果を出している人から学ばないと。

 

ぼくはこの「ルイーダ(仮)」の活動に共感、賛同してくれる人を増やしていく。

そのためには、ぼくのことを知ってもらわないといけない。だから、本を書いた。

 

『グッバイ公務員』だ

 

11月に書籍を出版予定なんだけど、大学生の10人に1人は読んでもらいたいから、30万部が目標。

 

この30万部計画のことや、ルイーダ(仮)のことをみんなで考えていくためにオンラインサロン「supreme Lab」も作った。

 

みんなで考え、みんなで作っていくんだ。

どうかな?

ワクワクしてこない?

 

 

そして最後に。3ステップ目。

みんなの特技を掛け合わせて、共創、コラボする。

チームの中で自分のチカラを発揮できることこそが幸せを感じることができるから。

 

街を元気にするプロジェクトをどんどん作ってやっていこう。

会社勤めしている人はそのポジションで活躍していこう。

 

その時点で、自分に成れているはず。

みんなが自分に成ることで、社会は、世界はもっと豊かになっていく。

ほしい未来は自分たちで作った方がおもしろいからね。

 

自分に成ろう。

いつだって人生はあなたの心の中にあるんだから。

 

 

HARU(@harumizuki423

 

 

 

▼あわせてよみたい

関連記事:【ルイーダ(仮)プロジェクト】ローカル活性と自分らしい生き方を選べる社会へ

関連記事:西日本最強のオンラインサロン 「supreme Lab」を作る

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

YouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

関連記事:ストーリークリエイターHARUへのお仕事依頼

※イベント・セミナーの依頼もお受けします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター