漠然とした悩みから抜け出すために大切なたったひとつのこと

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

 

HARU
こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。みなさん、何かに悩んだ時に、次の行動がとれなくなったことありませんか?人は自分のことが一番わからないんです。

 

HARU
でも、何に悩んでいるのかがわからないと時間がドンドン経っていくし、すごくもったいないですよね?今回のテーマは「漠然とした悩みから抜け出すために大切なたったひとつのこと」です。

 

SPONSORED LINK


 

動画で見る人はこちらでどうぞ

「安定を捨てての挑戦」「自己啓発」「公務員」をテーマに毎日配信しています。もし、動画の内容が参考になったら高評価・チャンネル登録をしてもらえると嬉しいです。

 

 

「悩む」と時間がドンドン減っていく

自分は、何に悩んでいるのか?

 

その原因を突き止めて、それをどうやって解消していくのかと考えて前向きにやっていくのが良くないですか?

大事なのは、悩むのではなく、考えることではないでしょうか?

 

悩んでいるだけでは、

時間がドンドン減っていく。

 

もう時間がドンドン減っていくだけの「悩む」ということはしないこと。

これも自分で気づきにくいことではないでしょうか?

 

 

 

ついつい見落としがちな、「悩む」と「考える」の違いがわかったら、自分にできることを組み立てていく

考えるっていうのは、次のアクションをどうするか計画していくことですね?

 

考えるために必要なのは、「自分への問いかけ」です。

自分は今、何に悩んでいるのか?

 

 

何に悩んでいるのかが見えたら、

 

次のアクションをどうしていくか?

自分に今何ができるのか?

その悩み解決のためには、誰かの助け、誰の助けが必要なのか?

 

そういう風にドンドン具体的にしていきませんか?

 

 

 

最後に

HARU
読んでいただきありがとうございました。「この記事良いな」って思ったら、Twitterやインスタグラムのフォローをぜひ!!

 

 

▼「自分への問いかけが上手くなりたい!」と思っているあなたは下の記事も合わせてどうぞ。

関連記事:まだ自己否定して苦しんでるの? 自分の心や意思を解放する「質問思考」

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼「公務員ってどんな仕事?どんな業界?」などの興味がある方へ

HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援する月刊マガジンもぜひ!!

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター