自分を否定してしまう理由の見つけ方

SPONSORED LINK

ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。

2018年も11月に入りました。

あと2ヶ月で今年も終わり。

そろそろ一年を振り返る頃ですね。

 

 

「この1年うまくいったー!!」

 

あるいは、

 

「うまく結果が出せなかったなぁ…」

 

その思いは様々だと思います。

 

 

ここで1つ質問をさせてください。

「あなたの人生の目標はなんですか?」

 

 

もしうまく言葉にできない場合、

自己理解の時間を取ってみませんか?

 

 

「どう生きるか」の答えは、自分の心の中にしかない

 

いろんな本を読めば・・・

いろんな人と会えば・・・

 

って思いながら一生懸命経験を

増やしている人もいると思います。

 

情報や環境ってすごく大事ですよね。

経験や人脈を増やすのはすごく大事だし

良いことだと思います。

 

 

でも、最終的な「答え」は

どこにあるかというと、、、

自分の心の中ですよね。

 

その答えに気づいて、

決意することが必要になります。

 

 

その決意は、

働き方でいうと、

転職することかもしれないし、

独立して成功する保証がないことに

挑戦することかもしれません。

 

 

答えは自分の中にあるけど、一人では見つけられない

自分のホンネに気づくには、

自分1人ではとても難しいですよね。

 

だから、

「この人にならホンネを言える」

と思える人に話を聞いて

もらってください。

 

 

「仲が良いから」ではなく、

「その悩みやジャンル」に偏見のない人に

相談するのがオススメです。

 

 

「こういうことをやりたい」

って伝えた時、

 

  • ムリかも
  • ダメかも
  • できないかも

 

そんな感情が湧いてくるかもしれません。

 

 

そしたら、

「なんで自分はこんなふうに思うんだろう??」

深掘りしてみてください。

 

 

その感情の源は、

あなたの過去の経験の中

理由があります。

 

 

  • いじめ
  • 父親にこれまで認めてもらえなかった
  • 先生に評価してもらえず、理不尽な言葉を浴びた

 

 

嫌なことを思い出すこともあると思います。

 

でも、なぜ自分を否定してしまうのか、

無理だと思ってしまうのかを

その理由を、エピソードを経てできあがった

価値観を理解することが大事なんです。

 

 

 

過去のできごとから価値観はできあがっていることに目を向ける

ぼくは、

ドキュメンタリー映像や

記事を作る時、

 

徹底的に取材先の人から

過去の経験や価値観を

話してもらってます。

 

 

すると、

辛い経験や失敗談など

人には言いたくない

経験をされていることが

多いです。

 

 

「自分を否定してしまう原因はなんなのか」

 

 

ここにしっかり向き合い、

対策方法を考え、

その感情を乗り越えられる心、

思考を身につけていく。

 

 

失敗ばかりで

ダメな自分でも、

自分自身がまず受け入れること。

 

それができると

すごく気持ちが良いものです。

そこから、リスタートすることができます。

 

 

 

まとめ

  1. 「どう生きるか」の答えは、自分の心の中にしかない
  2. 答えは自分の中にあるけど、一人では見つけられない
  3. 過去のできごとから価値観はできあがっていることに目を向ける

 

なかなか辛い内容の記事ですが、

ここまで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

記事を読んでもらうために、

時間を使ってもらっているので、

 

これからも

あなたの「成長」につながる内容を

届けることを忘れずに更新していこうと

思います。

 

 

 

HARU(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター