まだ「鬼が来るぞ」「オバケが出るぞ」で子どもを操ってんの?

SPONSORED LINK

 

ハル
こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。さっきこのツイートをしました

 

ハル
子どもの頃、「言うこと聞かないと鬼が出るぞ」「良い子にしてないとオバケが出るぞ」って言われたことありません?これ、問題だと思うんです。だって思考停止に繋がるじゃないですか?今回はそんな話です。

 

SPONSORED LINK


 

「鬼」「オバケ」「サンタさん」などの大人がラクをするための言葉がたくさんある

「〇〇ちゃんは賢いね」

「良い子にしてたらサンタさんからプレゼントがもらえるよ」

 

親になって思うんですけど、親やじいちゃん、ばあちゃんがよく言う言葉がありますよね?

これめっちゃ違和感抱くようになりました。

公務員として働いている時って、正直な話あまり子どもと関わっていなかったんですよ。通勤に往復3時間かかるので、朝は早く出るので寝顔しか見られないし、夜は遅く帰ることもあったので、帰ったら寝ている。

 

あまり子煩悩なタイプではないんですが、最近変わってきました。

「時間の余裕」が無いとダメですね。

子育て後回しになってしまうので。

仕事を辞めた効果として報告しておきます。

 

 

子どもが言うことを聞いてくれた方が大人はラク

あまり子煩悩なタイプでは無いのですが、子供を客観的に見ていて勉強になります。

世のパパとは関わり方が違うのかもしれませんが、親やじいちゃん、ばあちゃん、学校の先生が言っている「操りワード」に対して、すごく敏感に反応し、子どもに質問しまくります。

 

「オバケ怖いっていうけど、6年生きてきて1回でも見たことあんの?」

「朝に準備してないと怒られるのは、親が仕事遅刻するからであって、〇〇ちゃんのことが嫌いだから怒ってるわけじゃ無いのはわかる?大人が怒るのって時間の余裕がないからやと思わへん?」

「生徒がハイハイって言うこと聞いてた方が、先生はラクじゃないか?1人で30人の子どもを相手にするんやで?」

 

質問して、めっちゃ考えさせてます。

言い負かしたり、言うことをきかせてその時ラクでも、将来的に困る。

だって、自分で考えて、行動できへんくなるから。

 

自分で考えて、行動できるようになってほしいから。

じゃないとこれからの時代、生きていけなくなるよね。

 

 

時代の変化に合わせて「常識」もアップデートする必要がある

こういう記事を書くと、反発ももらうかなぁと思うんですけど、時代変化してますから。

戦後だったら良いですよ?

 

工場で大量生産するんだったら、社員は右向け右!左向け左!で管理者の言うとおりに動いて働いていたら良かったんですけど、今ってどうですか?

人に言われて動く仕事なら、AIやロボットに取られますから。

親はとにかく質問して、子どもの考えや行動を引きだすのが良い。

 

以上、まだ「鬼が来るぞ」「オバケが出るぞ」で子どもを操ってんの?って思った話でした。

 

 

最後に

ハル
読んでいただきありがとうございました。「この記事良いな」って思ったら、Twitterやインスタグラムのフォローをぜひ!!

 

 

▼「子どもには公務員になってほしい」と思っているあなたは下の記事も合わせてどうぞ。

関連記事:なんとなく公務員になろうとしている全ての人へ

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼「公務員ってどんな仕事?どんな業界?」などの興味がある方へ

HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援する月刊マガジンもぜひ!!

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター