【公務員】役所内の職員同士の連絡は電話が中心??

SPONSORED LINK

 

公務員志望の鈴木くん
公務員志望です。最近はLINEやSNSのチャット機能が中心で電話を使うことがありません。役所内にはいろんな課があると思いますが、基本的に職員同士の連絡はどのようにしておこなっているのでしょうか??

 

この質問について、お答えします。 

HARU
こんばんは、ストーリークリエイターのHARUです。今回は、役所内で職員同士がどんな風に連絡を取り合っているのかについてぼくの体験談からお話します。

 

 

SPONSORED LINK


 

結論:地方公務員は役所内で(内線)電話で連絡を取り合うのが基本

ぼくが公務員になった14年前から電話を使って業務をするスタイルはあまり変わっていないように思います。

持ち運びができないノートパソコンを1人1台支給されています。

メールを使って役所内、役所外と連絡を取ることができますが、庁内の職員からはメールよりは電話で連絡があることが多いです。

 

入ったばかりの女性職員
普段電話かけないんでドキドキします、、、電話恐怖症です。。。

 

まぁ、こうなりますよね。

機械音痴な年配の職員が変化に対応するのが大変なので、若手職員が慣れてくれてるんですよ。

スマホがこれだけ普及してLINEを普段から使ってるからチャット機能でもやりとりできそうなのにね。

 

 

 

広報担当をしている時は、メール中心で働いていた

広報担当の時は、庁内のほぼ全ての課の担当者と連絡を取り合っていたので、ぼくは庁内メールを利用してガンガン送っていました。

そしたら中には、、、

 

「メールしたら電話してこいよ」

 

と言ってくる職員がまさかの登場。

 

いやいや、その価値観はあなたの当たり前ですから。

一日一回くらい見るやろ。

急ぎの件なら内線でかけるし。

 

 

根底には、「相手の時間を奪ってしまう」という価値観がない

電話はリアルタイムでしかやりとりできないので、一番時間の負担が大きい。

メールやチャットであれば、空いた時間に見られるし、既読になったかの確認もできますよね。

 

「いつまで(内線)電話中心で仕事するんだろう?」って思います。

ピラミッドの上層部にいる人が年配の人なので、機械音痴な人もいて切り替えが難しいことも関係しているんだろうなと。

 

まるでVHSからDVDに切り替わる時みたいですね。

せっかくテクノロジーが進歩しても、導入できなければ効率性が上がらない。

これはかなり気の毒だなと…。

 

 

ホリエモンこと、堀江貴文さんも、「電話してくる人とは仕事をするな」と、著書『多動力』の中で言っていますね。

 

▼内容紹介

堀江貴文のビジネス書の決定版! !

一つのことをコツコツとやる時代は終わった。
これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。
このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない

Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」が
インターネットとつながっていくことを意味する。

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。

「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

「はじめに」より

 

まだ読んだことが無い人は、ぜひチェックしてみてください。

時間を奪われる分だけ、仕事が終わるのが遅くなってしまいますからね。

 

他の課の電話がかかってきたら「概要メールでもらえませんか?」と言ってすぐ切ってました。

記事制作してる時に電話かかると集中力がかなり落ちてしまうんですよ。

 

公務員の若手職員がもっと働きやすい職場になることを願っています。

 

 

まとめ

HARU
少しエピソードを絡めながら紹介しましたが、電話は本当に多いです。どこかのタイミングで「変化」をしないと働きやすくなっていかないですからね。とりあえず伝えたいのは、「電話が中心」ということです。

 

 

あわせて読みたい

関連サイト:HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

関連記事:公務員は真面目で冷たい人ばかり?いや、こんな人もいます。

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援する月刊マガジンもぜひ!!

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター