「理解されない」を逆転する雑談のチカラ

SPONSORED LINK

 

ハル
こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。みんながんばってますよね?? 人と比べてどうとかじゃなくて、自分なりにがんばって生きてる。でも、そんなにがんばってるなら「ちょっとは自分のこと理解してほしいな」って思ったことないですか??「あいつ結構頑張ってるよね」とか「こういうキャラだよね」とか。

 

▼自分の人間せいやがんばりや努力はなかなかうまく伝わらない

この記事を見てるってことは、「理解してもらえたら嬉しいな」って思ってると思うんですよ。

正直な話、ぼくも思ってるし!

 

ハル
そんな風に思ってるみんなに、「うまく自分のことを理解してもらえるように伝えるにはどうするか??」をシェアするために色々考えました!結論としては、良い雑談をすること。それではシェアしたいと思います!

 

 

SPONSORED LINK


 

この記事の内容は、YouTubeで動画で見られます

動画がええなって思ったら高評価とチャンネル登録お願いします😃

 

 

自分のことを理解してもらうには「伝える」しかない。問題はどう伝えるか。

「私、こんなに頑張ってるんですー!!」って言っても、「は??」ってなりますよね??

そこで、どう伝えるか。

雑談の時間を有効活用して、自慢にならないようにエピソードを話せば良いんです。

 

雑談ってネガティブなイメージないですか??

「仕事中なのに無駄話しやがって」っていう人いますよね。

でも、仕事の話だけしててもなかなか人間性伝わらないじゃないですか。

だから、雑談も実はめっちゃ大事。

 

 

例えば、「フェラーリ買った!!」ってSNSでババァーーーーーーーーーン!って載せると、

 

 

「こいつ自慢かよ」っていう風に思われますよね??

これは、、、めっちゃ勿体無い。

ただの自慢話だと思われたら勿体なさすぎる!

 

 

雑談の時間を有効活用して「どういう風にして目標を達成できたのか」っていうストーリーを伝えることが大事

例えば、「フェラーリを買った」の後にこんなストーリーが書かれてたらどう感じますか??

 

「やっと!!やっと買えた!毎月10万円を何年も何年も(例えば5年)ためてためてためまくった上で!それを頭金にしてやっとフェラーリを買えたアァアァ!😭

 

これめっちゃ良い話じゃないですか??

つまり、自慢話にならないようにするためには、「弱さ」「苦労」をしっかり出すことが必要なんです。

こういうエピソードを感情を全快にして話すと、人間性や努力が伝わる。

「すげぇ!根性あるやつだ!!フェラーリ買うために毎月そんなに貯金めっちゃしてたんか!」って思いますよね。相当根性がひん曲がってない限りは。

 

 

まとめ

ハル
弱さとか苦労とか、いっぱいあると思います。それは一般的には出したくないし、ダメなところって思われているものです。でも、ストーリーに乗っけるとものすごく力を発揮するんです!雑談の時間の価値を見直してもらえたら嬉しいです。では!

 

▼「なんかやる気が出ない」っていう人は、こちらの記事も合わせてどうぞ

関連記事:「やる気」の正体を特定。これでもかと「やる気」が出る思考を作るたった1つのコツ

 

 

【ついに締切まであと10日!】公務員を志望する人の役に立つプロジェクトをクラウドファンディングで実施中です

プロジェクトページ:誰もが自分の思いをゴマ化さず、自分の人生を自分で決定できる社会にしていきたい!

 

▼これまでのクラウドファンディング挑戦日記の一覧はこちら

関連リンク:クラウドファンディング

 

 

 

▼Twitterでは、こんなふうに思っている人に向けてツイートしてます😃

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター