察してくれ。頼るのがヘタで、寂しがり屋なのがぼくなのだ(クラウドファンディング挑戦7日目)

SPONSORED LINK

 

ハル
ついに!『グッバイ公務員』という本の書籍化を実現するクラウドファンディングプロジェクトを開始してから7日目になりました。こんばんは!ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です!

 

▼現在の状況:10万円を突破しました!27人の方から支援をいただいています!

この10万円への壁が大きいんだなと感じています。「どうしたらもっと支援をいただけるのか?何をすべきか??」と考えると、行動すべきことがたくさんあるので、ドンドンやっていくだけです😆

 

▼クラウドファンディングプロジェクトページはこちら

プロジェクトページ:誰もが自分の思いをゴマ化さず、自分の人生を自分で決定できる社会にしていきたい!

 

 

ハル
今週、ISD個性心理学講師の久世レッドさん(@destruke_red)にISD個性分析をしてもらいました。めっちゃ良かったっす。一緒に向き合って客観的に自分のことを理解できました。動物占いってあるじゃないですか?? あれも一部使うものなんですけど、生年月日を伝えると診断書を出してくれるんです。家族や職場・友人などの人間関係にも役立つものだと実感しました。子どもの個性も分析できるので、子育てで困っている人にもオススメです。紹介して欲しい人がいたらつなぐので連絡ください。今回は気づいた自分の性格などについて書きます。 

 

久世さん

久世さん(@destruke_red

 

 

 

SPONSORED LINK


 

 

察し合う家族の中で育った――。

あなたはこれまで両親とどんな関係でしたか??

あんまり相談とかしなかったですかね?

それとも、真っ向からぶつかってホンネを言えていましたか??

 

ぼくの話になりますが、家族同士がホンネで「バーン!」とぶつかって議論することってなかったです。「察し合うものだ」という空気が流れていたのが印象的です。

「困った」「助けて」とSOSを出すのがヘタというか。「周りに迷惑かけるな」とか「親しき仲にも礼儀ありだ」って言っていたなーと振り返っています。

そういう環境に身を置いていたので、ぼく自身も「家族は察し合うものだ」という意識がありましたね。なので、人に頼るのがかなりヘタクソです。(めっちゃ仲良くなると死ぬほどワガママになりますが)

こういうふうにサラッと書いてますが、結構勇気を出して書いてます。

 

 

ぼくはなぜ「共創」が好きなんだろう?と考えたことによっていろんなことに気づいた

あなたは一人で行動するのが好きですか?

それとも、みんなでワイワイ盛り上がるのが好きですか?

 

ぼくは後者で、みんなでワイワイ派です。

仕事もチームでできるのが理想だし、楽しいです。

ここ7年ほど、「共創」という言葉が大きく頭の中に占めているんですけど、それはなんでなんだろうなぁ〜って思っていたんですけど、頼るのがヘタなことと、寂しがり屋だから、共創がしたいんだと自覚しました。つながったんです。

 

ぼくはストーリーを書いているし、いろんな相談を受けている中で、「思考や気持ちは可視化しないと伝わらないですよ」とアドバイスしているくせに自分が一番できていなかったんです。

 

個性分析でぼくは、「ライオン」が表面に現れていて、「察してくれ」っていうタイプなんですね。まさにこれが障壁になっているんですよ。だからここで正直に言おうと思います。

 

察してほしい。

頼るのがヘタです。

寂しいから一緒にやってもらいたい。

 

大好きなチームメンバーと一緒にいられる環境に身をおいて、自分自身もっともっと成長していきたいし、自分をもっと好きになりたいです。

 

昨日の記事でも書いたけど、「ルイーダプロジェクト」ってまさにそういう自分の願いが叶うものなんですよ。みんなのため、自分自身のためにも実現したいものです。

 

▼「ルイーダプロジェクト」について▼

関連記事:【公務員辞めた】挑戦者とまちを元気にする「ルイーダプロジェクト」

 

クラファンも今できることをやっていくので、「なんかヤバそうだな」と思ったら助けてください。

死ぬほど喜びます。

 

 

本日支援いただいた方からのメッセージ

 

 

毎日クラファン状況をお伝えしていきます

ハル
プロジェクト7日目が終わろうとしています。あした新しいパソコンが届くようです。編集スピードがF1レベルになることを楽しみにしています😆 久世さんのISD個性分析の話は、またじっくり書こうと思います。家族や職場、その他の人間関係で悩んでいる人は分析を受けて視野を広げてみるのをおすすめします。言ってくれたら繋ぎますし、もう少しくわしい内容や料金が気になる人はぼくにコソっと聞いてください。 

 

 

クラウドファンディングプロジェクトページはこちら

プロジェクトページ:誰もが自分の思いをゴマ化さず、自分の人生を自分で決定できる社会にしていきたい!

 

▼これまでのクラウドファンディング挑戦日記の一覧はこちら

関連リンク:クラウドファンディング

 

 

『グッバイ公務員宣伝会議』のメンバーを募集しています

▼メンバーとして参加したいと思っていただいた場合は、TwitterのDMなどでご連絡いただければFacbeookの秘密のグループへ招待します。

関連記事:初のクラウドファンディングに挑戦!『グッバイ公務員』宣伝会議のメンバー募集中

 

 

▼Twitterでは、「流されない生き方をするには何をすれば良いんだろう?」という人に向けてツイートしています

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター