交際0日婚には理由があった!篠田麻里子の電撃結婚を科学的に考察してみた

SPONSORED LINK

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(harumizuki423)です。

 

ぼくが普段このブログで

書いている記事のテーマは、

  • 公務員の仕事・働き方
  • フリーランスの働き方

についての記事がメインですが、

ベースには、公務員歴14年間の経験と

心理学や脳科学なども大好きなので、

科学的な研究結果も盛り込みながら記事を書いています。

 

 

が、本日衝撃的なツイートが

Twitterのタイムラインに流れてきました!


篠田麻里子さんの結婚報道!

ぼくはAKB好きではないですが、

MOREのモデルとして活動されている

篠田麻里子さんのファンなので衝撃でした…!

 

 

しかもその報道内容を見たら

「玄米を食べて育った」という共通点から

一気に親密になり交際0日婚に至ったという…!

 

 

今回は、このことについて

科学的に考察してみたいと思います。

 

 

SPONSORED LINK


 

イリノイ大学の研究結果からの考察

2013年にイリノイ大学がカップル100組に

類似点と帰属意識の関係を調べた研究結果があります。

 

帰属意識を簡単にいうと

「私たちは仲間だよね」という

仲間意識のことです。

 

大きく次の6つの項目のうち、

どの項目が最も2人の距離感を縮めるのか

を調べていきました。

 

  1. 生活(社会的地位・職業・人種・家族構成・出身地など)
  2. 人生に対する態度・信念(人生の捉え方・考え、弱者への態度、政治的思想)
  3. 趣味・休日の過ごし方
  4. コミュニケーションスタイル(論理的or感情的)
  5. 性格(飽き性・外交的・内向的・新しいもの好き・協調性など)
  6. 身体的特徴・髪型・服装などの見た目

 

 

研究結果は、

2と4が共通していると

距離感が一気に縮まることがわかりました。

 

 

 

篠田麻里子さんと一般男性の共通点

「昨年10月に出会い、2度友人を交えて食事をする中で、玄米を食べて育ったところや、理想の家族像、将来像などの共通点が驚くほど多く、お互い素の自分でいられることで、お付き合いをしてもいないのに結婚ということを自然に意識することが出来ました」と一気にひかれていったことを明かし「『一生一緒にいたい』と心から思えた方」と喜びをつづった。(記事より引用)

 

1.生活背景について

社会的地位も職業も違う。

類似点はない。

 

 

2.人生に対する態度・信念について

「玄米を食べて育った=食事への価値観」

「理想の家族像・将来像」

この類似点あり。

 

特に食事は生きていく上での重要な要素です。

この類似点は大きいですね!

 

 

3.休日の過ごし方・趣味について

特に言及なし。

 

 

4.コミュニケーションスタイルについて

「お互い素の自分でいられる」

=コミュニケーションスタイルの類似点あり。

 

 

5.性格について

特に言及なし。

 

 

6.見た目について

特に言及なし。

 

 

 

まとめ

  1. 篠田さんと一般男性は「人生に対する態度・信念」との類似点で急接近した
  2. コミュニケーションスタイルの類似点も影響している

 

共通点が「玄米育ち」だったところも

意外性、驚きがあって

お互いにインパクトを受けた

ことも大きいのではないでしょうか。

 

もしこの時に笑ってたらさらに仲良くなります。

共同作業による笑いが帰属意識を高めるという

研究結果もあるからです。

 

 

もしあなたが

「この人と仲良くなりたい!」と

思ったときは、

人生で大事にしている態度・信念や

コミュニケーションスタイルの

類似点を探してみてください。

 

 

以上、詳細まではわからないけど

わかってる情報で、

「篠田麻里子さんの交際0日婚」の

考察をしてみました。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

▼関連記事

【第1章(50ページ無料公開中)】公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴ったハルの著書「グッバイ公務員」

公務員の仕事内容や業界・システムに疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

 

▼関連記事

なぜ彼女は公務員を退職したのか?元草津市役所職員 吉川真実

ボーナスへの影響もある?公務員の人事評価制度の実態とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター