「ダメなやつ」でも変わる!人生を変えた師匠の言葉

SPONSORED LINK

 

ハル
こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。周りから「アイツはダメなやつだ」って思われて凹んでたりしませんか?ぼくは、学生時代、テストで点も取れないし、運動もできなかったんです。鉄棒も水泳もマット運動も全然ダメで。

 

 

ハル
あと、公務員時代の前半7年間は、「まったく仕事できないやつ」と思われていました。「ダメなやつは一生ダメなまま」だと思いますか?今日のテーマは「人生を変えた「ある言葉」」です。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

今回の記事の内容を動画で視聴される方はこちらから

「安定からの挑戦」「自己啓発」「公務員」をテーマに毎日配信しています。もし、動画の内容が参考になったら高評価・チャンネル登録をしてもらえると嬉しいです。

 

「ダメなやつは一生ダメなまま!」っていう言葉をどう思いますか?

「ウンウン、そうだ!」って思う人もいれば、「いや、ダメなやつも変われるよ!」って人もいると思います。

ここで質問なんですけど、どんな時に人は変われますか?

人が変わるきっかけって色々あると思うんですけど、人との出会いって大きいと思いませんか?

 

「人生を変えた言葉」っていう言葉があるくらい、人の言葉は影響を与えるきっかけになるものではないでしょうか。

今は独立して自主的に活動しているんですけど、公務員前半7年間は、全然仕事できなかったです。言われたことしかやらないし、それもできない。

人生の中で、「あ、自分はこの時変わったな」っていう時があるんです。明確に。

 

きっかけは、当時50歳の上司「Nさん」との出会い

みなさんには、「人生の師匠」はいますか?

ぼくにはNさんという人生の師匠がいます。

 

今から7年前、公務員8年目の時、Nさんがぼくの職場に異動してきたんです。めっちゃ仕事できる人で。行動力がハンパなかったんですよ。

奈良県内って39市町村あるんですけど、全部回って「奈良県の自殺対策を県と市町村一緒にやって行きましょう!」って。取り組みが進んでる他の府県も回って学ぶ。とにかく行動する人でした。

 

それまでぼくは、公務員について良いイメージがなかったんです。

ニュースでよくバッシングされる職業だし、苦情を受けた時にかなり凹むことを住民さんから言われたりで、なかなか誇りが持てなかったんですよ。

でもね、これだけ行動力のあるNさんから次の言葉をもらいました。

 

 

ぼくの人生を変えたNさんの言葉

 

「お前、ええことやってんねんから胸張れ!」

 

どうですか?

ヤバくないですか?

 

言葉だけでも強いメッセージ性があるんですけど、誰よりも仕事をしているNさんがいうから、そのストーリーも合わせて納得しちゃうんです。

社会にとって、県にとって、良いことをやってるんであれば胸張れってこと。

「そういうことを自分はやっているんだ」という自覚を持つことから始まるんですね。

 

何の仕事でもそうですけど、自分の仕事に意味を感じることで、自信につながるじゃないですか?

 

みなさんの参考になればと思い、シェアさせていただきます。

 

 

最後に

ハル
今日も読んでいただきありがとうございました。この記事ええな」って思ったら、Twitterやインスタグラムのフォローをよろしくお願いします!

 

 

▼「公務員ってどんな人がいるの?」というあなたへのオススメ記事はこちら

関連記事:「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘(その1)

 

 

 

▼最新情報はTwitterでツイートしています

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター