【4/27 京都で開催】多様性とつながりを届けたい。サイレントフェス®︎への思い(沼田竜也)

SPONSORED LINK
GWをエンジョイしたいタツオさん
ゴールデンウイーク中に新しい体験がしたいです。関西エリアで音楽イベントとかあったら参加したいんですけど、いいイベントありませんか?

 

こういったお悩みについて、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 新しい音楽フェス「サイレントフェス®︎」の全容がわかります

  • ゴールデンウイーク中に京都で開催されるイベント情報もあります

 

 

元奈良県庁職員、

公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

“音楽好き”のあなたに

紹介したい音楽イベントがあります。

 

あなたは「サイレントフェス®︎」

という言葉を聞いたことはありませんか?

 

 

▼サイレントフェス®︎とは

専用のワイヤレスヘッドホンを使ってオンタイムのDJやライブを共有する新感覚”無”音楽体験です。周りから見ると無音に見えるので、世界中で騒音問題の解決策として注目されています。

最大半径30mまで何台でも共有可能で、音量も自由自在。1人で音楽に没入するトリップ感とその状態を共有している不思議な一体感がこれまでにない自由を生みます。

 

東京、横浜、大阪で行われているこのイベントは、

  • 自分自身と向き合いたい
  • 自分の感情を知りたい
  • 人との繋がりが欲しい
  • 未知の新しい世界に飛び込みたい

と思っている人にピッタリ。

 

このサイレントフェス®︎を

関西で普及する

ローカルパートナーとして

活動しているのが、

ぬまっちさん(@tatsu_tatsu_n)です。

 

 

新感覚の人とのつながりを感じられる音楽フェス

サイレントフェスについてインタビュー

サイレントフェス®︎についてインタビューさせていただきました

 

Q:ぬまっちさんは「サイレントフェス®︎」を体験してどんな感想を持っていますか?

▼ぬまっち

今って「人とのつながりが大事」

って言われてるじゃないですか?

 

サイレントフェス®︎の会場では

ヘッドホンを使って会話を

遮断することになるんですけど、

同じ曲をみんなで聞いてるので

不思議な一体感があるんですよ。

 

なので騙されたと思って、

言葉も介さず繋がれる新しい世界に

潜ってみてほしいなと思います。

 

「少なくともこの場所や音楽を

楽しもうとしてるみんながいる」

っていう事実はありますからね。

 

 

Q:これまでの参加者の感想は?

▼ぬまっち

  • 自分の内側に音楽が入ってくる体験をすることができた
  • 懐メロを異空間で聴くことができて、感動した
  • みんなとの一体感を味わうことができた
  • ヘッドフォンを外したら無音という感覚が不思議でした

っていう感想をいただいてます!

 

 

サイレントフェス®︎で届けたいのは多様性とつながり

Q:ぬまっちさんはなぜこの「サイレントフェス®︎」を広めようと思ったんですか?

▼ぬまっち

「DJ」とか「フェス」っていうと

「バカでかい音量で騒ぐ」っていう

イメージがあるかもしれないですけど、

世の中の多様性を受け入れることって大事だと思うんです。

 

自分の中の常識だけが常識ではないし

そこにとらわれてしまうって

もったいないと思うんです。

 

「音楽」をテーマに自分の素直な感情、

感覚を呼び覚ましてもらえたらって思って。

それで、関西でのサイレントフェス®︎普及して

人の繋がり、コミュニティを創りたいなと。

 

 

Q:常識とか周りの目に自己表現を抑えてる人って多いですよね。

▼ぬまっち

小学生の頃くらいからかなぁ、

「これが普通、これが幸せだよ」

と言われ続けたり、

 


「良い学校を卒業して

就職して結婚して

子どもを授かることが

幸せなんだよ」と言われ続けてきましたよね。

 

周りとちょっと違ったことをしたら、

叱られ、怒られる。

自分の感情とは違うことを強制される。

 

 

ぼくもひとり親家庭だったんで

「安心させたいな」という気持ちで公務員になって。

 

9年間市役所職員をしたものの

「自分の幸せ」は誰かに指示されて

得られるものじゃないと思ったんですよね。

 

▼関連記事

スナックキャンディ京都オーナー 沼田竜也の人生ストーリー

 

 

 

▼ぬまっち

周りの目や声はどうでもよくて。

結局、自分を表現できるのは自分自身だけ。

公務員を退職する前から様々な苦悩、

葛藤、ぶつかり合いから生まれたのが

”いまの僕”っていうのもあって…。

 

 

サイレントフェス®︎をきっかけに

新しい体験をしたりいろんな人と話して

価値観を良い方向にもっていってもらったり

自分に素直になって欲しいと思いながら

このイベントを広める活動をしています。

 

 

 

 

海外では騒音問題の解決策としても注目されている

Q:この「サイレントフェス®︎」はどうやって生まれたんですか?

▼ぬまっち

サイレントフェス®︎は、

海外では「Silent Disco」として

騒音問題の解決策として注目されてるんですね。

 

サイレントフェスはSilent Discoの日本版です。

難しい技術的なことは省略しますが、

DJの場所から最大半径30mまで何台でも

曲を共有することができて、その音量も自由に変えられるんです。

 

1人で音楽に没入することもできるし

その状態を共有している不思議な一体感が

これまでにない体験をしてもらえます。

 

世界観としては、

言葉でなく音で疎通していた時代を

再現しているんです。

 

人類にはもともと「第六感」として「磁感」が

あったそうですが、文明の発展と共に

その力は失われていって。

 

言葉に頼らずとも

音を感じあうだけで

もっと感覚的に疎通しあえる力があったんですよね。

これすごいなって思わないっすか?

 

 

これを俗っぽくいえば

「バイブス」。

 

音を通じて人と人は

もっと分かり合えるんじゃないかと思うんです。

 

▼参考記事

U.Amemiya ”体験作家” 仮想の世界の物語を書き、1日だけフェスとして具現化する人。 yuu-amemiya.com

 

 

サイレントフェス®︎の存在を知ったのはある友人からの紹介

Q:ぬまっちさんが「サイレントフェス®︎」を知ったキッカケは?

▼ぬまっち

去年の夏に、友人の

かんちゃん(勘原怜)から

 

「ぬまっちさん、こんな音楽イベントあるみたいですよ」

紹介っていうか、動画を見せてもらいました。

そこで初めて知りましたね。

▼参考記事

銭湯がダンスフロアに? ヘッドフォンで楽しむ新感覚音楽フェス「ダンス風呂屋」レポート

 

 

▼ぬまっち

この記事の動画をみて、

「あ、これやばい!京都でやりたい!」

と思ったんですね。

 

それですぐに、このフェスを

企画運営されている企画運営の会社

(サイレントイット)の代表の

雨宮さん(@amemi_c5)に

TwitterでDMをしたんです。

 

 

Q:「これ良い!」って思ったら本当にすぐに行動しますよね(笑)

▼ぬまっち

その後、たまたま雨宮さんが

関西に来られることをFacebookで知って

すぐその投稿にコメントしたら、

東京に帰る間際に僕の京都のカフェバーに

お立ち寄りいただいて。そこで直接お話しできたんです。

 

 

Q:その時に京都でサイレントフェス®︎をやる約束をしたんですか?

▼ぬまっち

いや、その時は、

「関西でこのフェスをやりたいんです!」

という僕の想いしか伝えられなかったですね(笑)。

 

具体的な場所とか一切考えていなかった

っていうぼくのいつもの「ノリ」だったんですけど、、、

 

その後の11月に

雨宮さんから、

 

「京都に行くので、沼田さんのお店(キャンディ京都)で

お試しサイレントフェス®︎とかやりませんか?」

 

とお声がけいただいたんですよ。

あの時はほんと嬉しかった!!

 

 

Q:それまでの行動が実を結んだと。

▼ぬまっち

はい、それで

キャンディ京都のイベントとして、

初めて「サイレントフェス®︎」

開催させていただきました。

 

参加者10数名と一緒に初体験を

したんですけど、中には感極まって

泣いている人もいて…。

 

 

Q:え?泣くほどですか??

▼ぬまっち

これは、ほんとにもう

体験しないとわかってもらえないので、

最終的には「まじで体験して!!」

としか言いようがないんですけど(笑)

 

 

▼ぬまっちの「サイレントフェス®︎」ローカルパートナーとしてのこれまでの実績

・キャンディ京都で体験サイレントフェス®︎を開催(2018年11月28日)
(Facebookイベントリーチ数4,374)

 

・京都タワースカイラウンジ空でサイレントパーティーを開催予定
(2019年4月27日)

 

・大阪中央公会堂の”かわるフェス”でサイレントフェス®︎を開催予定
(2019年5月11日)

 

 

地元京都の玄関口、京都タワーでGW中に念願の「サイレントフェス®︎」を開催

念願のイベント実現に笑みを隠せない

念願のイベント実現に笑みを隠せない

 

Q:そして次は京都の玄関口の京都タワーで「サイレントフェス®︎」をやることになったと?これはすごいですね。

▼ぬまっち

ありがたいことに、

色々なご縁が重なって、

GW初日の4月27日(土)に

念願の京都タワーで

この「サイレントフェス®︎」を

開催できることになりました!

 

一緒に共催でこのイベントをする

藤本 勇輝 (Yuki Fujimoto) さん

との出会いにはマジで感謝しています。

 

「やるんだったら京都の玄関口の京都タワーでやりましょう!」

本当に忙しい中、色々と動いてくださったんで。

 

藤本さんは、

京都タワーでアイドルイベントを

定期的に開催していて。

 


二人で数回京都タワーへ足を運んで、

京都タワー側へサイレントフェス®︎の説明をしたところ

京都タワー側も「サイレントフェス®︎

興味を持って下さって、このイベントが決定したんです。

 

 

去年夏に雨宮さんにDMした時には

こんな日が来ると想像もしてなかったけど、

ついに日程も決まったので、全力でやります!!!!!!

 

 

Q:今回のフェスのポイントを教えてください。

  • 沼田の地元の京都での開催
  • 会場が京都の玄関口である京都タワー
  • 異空間へと導くブルーライトが映えるスカイラウンジ
  • まずは体験してもらいということであえての低価格設定
  • アーティストも関西出身の方々をチョイス
  • タイミングよく、暦が平成から令和への切り替え前に開催できる

この6つですね!

 

 

Q:これだけ思い入れがあるなら一人でも多くの人に体験してもらいたいですね?

▼ぬまっち

はい、暦が”令和”になる前の

自分の中でめっちゃ大事なイベントです。

 

この”京都タワー silent party”に

ぜひ皆さんに参加してほしいという想いも込めて、

格安のチケットをご用意しました。

 

フード&ドリンクは

別途必要なんですけど、

前売券1,000円、

当日券1,500円です。

 

 

Q:会場が京都タワーなのにそれで収支は大丈夫なんですか?

▼ぬまっち

ぶっちゃけ正直僕と

藤本さんには利益ないっす(笑)。

 

体験してもらって、

何か”新しい自分”を知ってもらえたら嬉しいです!

 

▼ぬまっち

あなたの参加をお待ちしています!

 

 

イベントの概要

▼イベントタイトル

silent party(サイレントパーティー) “

京都タワーSKY LOUNGE 空-KUU-”

 

テーマ:”NEW WORLD”(新しい世界)

 

 

5月からは新たな年号の”令和”。

平成が終わろうとしている

今宵、このフェスで、

新しい世界、価値観、

そして新しい自分を知るきっかけを見つけませんか?

 

 

話題の「サイレントフェス®︎」と、

ミュージック,ダンス,DJ等、

多彩なアーティストと掛け合わせた

新たな形の「サイレントパーティー」を

夜景が綺麗な京都タワースカイラウンジ空にて開催!!

 

今回は2部制で

サイレントパーティーを開催!

 

 

 

出演アーティスト等(予定)

DJはるくん。

DJはるくん。

DJはるくん。

赤帽子がトレードマーク。

大学入学を機にDJとして音楽活動を始め、

今までに関西圏の大型クラブはもちろん、

教育委員会や24時間テレビの

関連イベントなどにも多数出演をしている。

 

「いい音楽と、その楽しみ方を伝える」を

モットーに幅広い層に対して音楽や

DJの普及活動を積極的に行なっており、

冷静かつ、丁寧な立ち振る舞いから

「マジメ系DJ」と呼ばれている。

 

もっとも好きなジャンルはレゲエだが、

クラブミュージックからPOPSやROCKなど

邦・洋問わずオールジャンルで

その場にあった音楽を選び、

つなげることができるので音楽イベントで

メインアクトとしても、BGMのプロデューサーとしても活躍している。

 

また、野外音楽フェスの企画・運営を

行う団体『UMF』を立ち上げ、

大阪をはじめ、全国6都市でフェスをオーガナイズしています。

 

 

Gold funka radio

Gold funka radio(ゴールドファンカレディオ)

Gold funka radio(ゴールドファンカレディオ)

POPPINGが

メインジャンルのストリートダンサー。

 

KO-KI&PEKE

関西出身。

夫婦でストリートダンスのポップ(ポッピング)というジャンルをメインとする。

ディスコ曲やファンク、ユーロビートなどが好きで、80年代辺りの曲でショーをしていることが多い。

ポップ特有の不思議な動きや、曲も楽しんでもらいたい。

 

 

charhan(チャーハン)

charhan(チャーハン)

charhan(チャーハン)

ボールアーティスト。

 

世界唯一のフットバッグを用いた

ダンスパフォーマンスで年間400を越えるイベントに出演。

そのすべてが一期一会の異なるテイストとなる。

 

ライブパフォーマンス集団LifeUnder(eN)のディレクションも行う。

2018年 JapanFootbagChamionship 全国2位。

 

2016年JJSというボールを用いたダンスバトルに出場し全国大会にてベスト4。

現在、エナジードリンクSHARKの公式アンバサダーとして活動中。

 

 

染行エリカ

染行エリカ(シアンエリカ)

染行エリカ(シアンエリカ)

大阪府出身の津軽三味線奏者。

高齢者施設、学校などの各施設や、

地域のイベントでの演奏、

アーティストのサポート演奏など、関西を中心に活動している。

 

三味線の魅力を様々な世代の人に

楽しんでもらうために、作曲や民謡の編曲も行なっている。

 

 

モデル:莉太郎、みうちゃん

莉太郎

莉太郎

みうちゃん

みうちゃん

 

 

チケット情報、スケジュール

1部)開演 19:00〜20:30 終演

前売券1,000円(フード&ドリンクは別途必要)

当日券1,500円(フード&ドリンクは別途必要)

 

2部)開演 21:15~22:45 終演

前売券1,000円(フード&ドリンクは別途必要)

当日券1,500円(フード&ドリンクは別途必要)

 

▼参加チケット購入は下のリンク先からお願いします

https://tiget.net/events/52835

 

 

▼Facebookを利用されている用のイベントページはこちら

Silent party~京都タワーSKY Lounge 空-Kuu-~

 

 

SPONSORED LINK


 

 

あわせて読みたい

学生からの相談は100円で受ける…?元公務員歴9年の「ぬまっち」という男。

スナックキャンディ京都オーナー 沼田竜也の人生ストーリー

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター