【公務員】役所の公式ツイッターやFBの投稿文は毎回上司の確認・許可が必要??

SPONSORED LINK
公務員志望のヒカルさん
役所の公式SNSで情報発信する時は、毎回上司の許可を取ってからでないと発信できないって聞いたんですけど本当ですか??かなりめんどくさそうなんですけど…。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

役所内の決裁システムのイメージが広がる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

ブログよりも気軽に投稿でいるのが

SNSの良さですよね。

 

一方、役所は文書主義であり

対外的に情報を発信するときは

上司の許可が必要です。

 

 

「SNSに投稿するのにも

毎回許可を得ないといけないの?」

という疑問が湧くと思います。

 

 

ぼくは公務員時代、広報担当の時に

SNSの発信を担当していたので

その経験から説明していきたいと思います😌

 

 

SPONSORED LINK


 

【いきなり結論】発信前に上司の許可を取ることが必要

Twitterだったらツイート内容、

Facebookであれば投稿文について

毎回許可をもらうことが必要です。

 

「えーめんどくさ」と

思いましたか??

確かにめんどくさいです。

スピード感出ないじゃんって。

 

 

でも、

問題になったら困るのは、

責任を取る上司なんです。

 

 

めんどくさいですけど、

自分では気づかなかった

ところを気づかせてくれることもあります。

 

 

人間は主観的に生きているので、

「これぐらいでわかるだろう」

「これなら伝わるだろう」

と思って投稿内容を作成しても、

 

「いや、これを子育て世代に発信するなら

一行目やタイトルはズレてるよ」

「写真はもう少し若い親子の方が良い」

というアドバイスをくれる上司もいて、

 

「あ、そっか」と客観的に見られて

勉強になったこともあります。

他者目線ってやつですね。

 

 

 

「任してもらえない仕組み」もあるけど「任される自分」を目指そう

上司と部下は立場は違っても

フラットな関係が望ましいですが、

そのためには信頼関係が必要です。

 

 

「もう任せとくわ!」

 

 

SNSの件に限らず

そう言ってもらえるように

上司とコミュニケーションとり、

信頼関係をつくりながら、並行して

仕事の専門性を身につけて

利害関係をクリアすることに努力した方がいいです。

 

信頼関係の作り方についての関連記事

パワハラ上司とも信頼関係を結べる?公務員が身につけるべき「傾聴」とは

 

 

まとめ

  1. SNSは発信前に上司の許可を取ることが必要
  2. 任せてもらえるように信頼関係を作ろう

 

今回の記事は、

若い世代からすると、

「マジかよ」と思うかもしれませんね。

 

▼決裁についての参考記事

残業が減らない原因の1つ?公務員の決裁システムとは

 

 

「上司が出張時とか

休みの日の災害が起こったときは

どうするの?」とか。

 

 

結局、どう工夫するかが大事で、

投稿文のテンプレートを作ったりできないかとか。

 

あと、投稿文案を作って、

グーグルドキュメントや

LINEでリモートでチェックしてもらうとか

いろいろできると思います。

 

 

そこは担当者として

提案して働きやすくしていきましょう。

 

それでは今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

公務員になるか民間企業に就職するか迷われている大学生のあなたへ

【公務員】上司が話を聞いてくれない時にチェックすべきたった1つのこと

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター