長身女子専用和風アパレルブランド「ATEYAKA」プロデューサー 大倉加奈子の人生ストーリー

SPONSORED LINK

2018年までの大倉加奈子の人生ストーリー

小学校で身長170cmだったため「ランドセルが似合わない」と笑われた。レジのおばさんにまで「大きいわね、何センチあるの?」など、見た目で評価される辛い学生時代をおくり、成人式でも振袖は着なかった。

また、大学から大学院まで6年間ブラックホールや物理学の研究をしていたものの、自分は学者の道に進むことは難しいと挫折。「間口を狭めずにすみそう」と思い入社した外資系コンサル企業での勤務2年目の時に大きな転機が訪れた。

その後、長身のコンプレックスを武器に変え、長身女性専用アパレルブランド「ATEYAKA」を起こし、自分だけでなく長身女性誰もが自分らしく生きられるようにすると決意し、奮闘する大倉加奈子の人生ストーリーに迫る!

 

▼ストーリー記事で読む方へ

長身すぎる自分に誇りと自信を。長身女性和風アパレルブランド「ATEYAKA」大倉加奈子

 

 

ATEYAKAのHP・SNS

公式ホームページ

Instagaram

 

 

大倉加奈子のSNS

Twitter

Facebook

Instagram

 

 

ストーリーギャラリーの一覧

▼HARUが取材している挑戦者たちのストーリーを紹介しています。

関連記事:HARUの作品・ストーリーギャラリー

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター