創薬研究サービス「パンゲア」代表 米川雄基の人生ストーリー

SPONSORED LINK

2018年までの米川雄基の人生ストーリー

国立大学を卒業した後、大学院に進学。生物・バイオの最先端の研究を行っていた。

その後コンサルタントのキャリアを経て、商社に転職。海外を飛び回りバリバリ働いていた、いわゆる「デキる」人物だ。

しかし、2018年の9月末で勤めていた商社を退職し、大きく人生の舵をきった。

 

▼ストーリー記事 「“リスクの高い研究”にチャレンジできる世界へ! 米川雄基の人生ストーリー 

前編を見る

後編を見る

 

 

 

米川雄基のSNSリンク

Facebook

Twitter

世界のバイオテクの技術を あなたの実験室に/パンゲアHP

 

 

ストーリーギャラリーの一覧

▼HARUが取材している挑戦者たちのストーリーを紹介しています。

関連記事:HARUの作品・ストーリーギャラリー

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター