【続編】西日本最強のオンラインサロン 「supreme Lab」を作る

SPONSORED LINK

 

HARU
ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。先日、西日本最強のオンラインサロン 「supreme Lab」を作るとお伝えしました。Campfireというクラウドファンディングサイトにプロジェクト内容を掲載し、その内容を見て「これ良いな」と思ったら加入手続きをしてもらい、実際のオンラインサロンはFacebook上の非公開グループで行う流れです。 

 

先週金曜日にプロジェクト内容の掲載を申請していたのですが、土日を挟み、ついに今朝!

Camprfireからメッセージが届きました!!

 

審査の結果、差し戻しになったのです。

 

 

果たして、なぜ差し戻しになったのか??

オンラインサロンのプロジェクトの目的・計画・資金の用途が不明瞭だとのこと。

「もっと具体的に書きなさい」ということですね。

 

 

特に、「ソーシャルグッド」というカテゴリーで申請していたため、社会的意義をもっと示すようにと指示がありました。

オンラインサロンを作るプロジェクト文を作るのは初体験。。。

客観的に見て「具体性が足りない」と思われたのであれば、具体的にして再申請するだけ。

早速会議を開き、再検討。

 

活発に意見を交わし、新プロジェクト文で再申請しました。

スタートを楽しみにしてくれている方、遅くなっていてすみません。

しかし、3人の考えを組み合わせて整理されたこと、それは、、、

 

 

「国づくり」

 

が、キーワードになります。

 

今の日本は課題が山積みです。

一つ一つ「見直すべき常識」を見直し、アップデートしていくことも必要ですが、「イチから自分たちで作れないか?」と考えて行動することもできるのではないでしょうか?つまり、既存の枠組みの中で勝負せず、自分たちが目指す夢を実現する事にフォーカスするという事です。

 

誰かから与えられるのをただただ待つ選択肢もあるでしょう。

でも、それは一生待ったまま終わるかもしれない。

 

ぼくたちは自分たちで作る道を選びます。

一緒に活動してくれる人、よろしくお願いします。

承認が降りたらまたおしらせしますね。

 

 

あわせて読みたい

▼夢・目標達成に必要な心を作る「メンター養成講座」を実際に受講して変化を経験しているHARUのストーリー

関連サイト:まだメンター1人もいないの??

 

 

▼公務員に興味がある人はこちらもどうぞ

関連記事:【公務員】役所内の職員同士の連絡は電話が中心??

関連サイト:HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援するnoteの月刊マガジンもやっています

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター