安定か挑戦か…?元公務員が退職時に考えていたこととは

SPONSORED LINK
現役公務員のマキさん
公務員の安定を手放して退職した時、飛び越えられた理由はなんですか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員を退職する際の参考になる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

学生時代から染み付いた

「安定が大事」という価値観を変えて

実際にこれまでのキャリアや

安定を手放すのって

ものすごく悩まれてると思います。

 

 

今回は、

退職して自分の好きなことに

飛びこんだ時の理由について説明していきます。

 

SPONSORED LINK


 

組織の看板ではなく、個人の看板で生きる

ふと、

「自分が役所で働いてなかったら

 どれだけの人が自分の話を聞いてくれるんだろう?」

と不安になりました。

自分がどんなところで働いていて、

自分が何者なのかというよりも、

どうしたら目の前の人たちに

価値を提供できるのかなと、

「仕事は提供した価値の対価」

であるという価値観を持った時に

めっちゃ思ったんですよね。

 

 

組織人であれ、個人であれ、、

価値提供にフォーカスすることの

積み重ねが必要だなと思いました。

 

 

やらなくても辛いしやっても辛いなら、やって辛い方がいい

やりたいことがわかってしまってから2年ほど、

この場所に留まるのも苦しい

でも、辞めるのも不安

という状況が続きました。

 

 

でも、そう思いながら

自分のスキルアップや

目の前のことをやっていたら

多様な人との出会いに恵まれたました。

 

 

「やらなくても辛いし、

 やっても辛いなら

 やって辛い方がいいな」と思ったんです。

 

最後は、衝動です。

 

 

まとめ

  1. 仕事は提供した価値の対価である
  2. 組織の看板ではなく、個人の看板で生きる
  3. やらなくても辛いしやっても辛いなら、やって辛い方がいい

 

 

今回は個人的な価値観が多い記事になりましたが

どうだったでしょうか。

 

最後の最後は、

自分の心から湧き出てくる感情に

逆らえなかったってことでした。

 

そこに素直になる決意をしたということです。

参考になればうれしいです。

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

今日を最高の1日に!デキない自分を好きになるために必要な3つのこと

人は変われる!公務員として失敗を気にせず挑戦するために必要なたった1つのこと

仕事に追われる公務員が緊張感から解き放たれるために必要な習慣とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター