【トヨタ社長限界発言】終身雇用は公務員一択?【元公務員が解説】

SPONSORED LINK
転職を考えている会社員
現在、会社員として働いているけど、終身雇用のシステムが崩れるのではないかと言われていて不安公務員の終身雇用や将来性は大丈夫かを知りたい。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事の内容

  • 公務員の終身雇用、将来性について

  • 公務員の仕事内容、業界について

 

 

この記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、元奈良県庁で公務員として14年働きました。

また、その経験を著書「グッバイ公務員」に書いて全国出版をしています。(Amazon楽天ブックスでも販売)

 

そして現在はストーリークリエイターという肩書きで、密着・インタビュー取材をして記事や動画を制作する活動をしています。

HARU(@harumizuki423)といいます。

 

 

先日、記事「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言】を読み、トヨタの社長が「終身雇用はもう保証できない」と発表されたのを知りました。

これを受けて、多くの会社員は「定年まで働けなくなるんじゃないか」と不安になっているのではないでしょうか。

その中でも、20代~30代の会社員であれば公務員試験を受けることができるので、「会社を辞めて公務員になろうかな?」と思っている人も大勢いるのではないかと思います。

 

特に住宅ローンを30年以上組んでしまった人にとっては終身雇用は働き続ける上で大事なポイントですね。

今回は、「公務員の将来性」や「公務員の仕事内容・業界」について解説していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

【トヨタ社長限界発言】終身雇用は公務員一択?【元公務員が解説】

トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。

一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。

終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。

記事「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言より)

 

トヨタ・経団連とも「終身雇用はもう守れない」と発表しています。

こうなると、公務員人気が加速する可能性が高いですね。

大勢の方が、公務員の終身雇用・将来性について気になっていると思います。

 

 

 

 

これからの時代の公務員の終身雇用・将来性

公務員といっても、定年まで働ける公務員と、定年まで働けない公務員に分かれるとぼくは思っています。

その理由は、人口減少によって自治体が消滅してしまう可能性があるからです。

 

 

  • 住んでいたくない
  • 訪れたくない
  • ここでは働けない

 

住民がいなくなったり、訪れる人がいないと役所もいらなくなるので公務員に仕事はなくなります。

事実上のクビです。

 

 

まず、自分が受験を希望する自治体が消滅する可能性があるかどうかを調べましょう。

人口動態統計のデータをもとに未来を予測されている地方消滅という本がオススメです。

 

 

また、記事これからの時代も公務員は安泰?歴14年の元公務員が思う将来性とは」では、これから求められる公務員像についても解説しているので興味のある方は読んでみてください。

 

 

 

公務員に転職する上でおさえておくべきこと

公務員の仕事内容・業界のことはすでにご存知ですか?

もしそうでないなら、まずここをおさえましょう。

 

公務員になるために予備校や専門学校に授業料を払ってがんばって勉強したのに、「こんなはずじゃなかった」と辞めてしまっては元も子もないですからね。

 

公務員人気が高まると面接試験もより重要視されます。

公務員試験のことだけではなく、公務員のことを勉強することをオススメします。

このことについては記事「1日ください。公務員に転職する不安に終止符を打つ方法はこちらですで解説しています。

 

 

 

まとめ

  • 自分が受験を希望する自治体が消滅する可能性があるかどうかを調べるべき
  • 公務員試験を受けることを決意する前に、公務員自体のことを勉強すべき

 

元公務員として、これから公務員を目指す方へのアドバイスとして特に重要だと思うのは、「公務員になる」ということよりも、「自治体をしっかり選ぶべき」ということです。

 

中には、パワハラを受けて自殺してしまった職員さんもいます。

こういった事例もチェックした上で、受験する自治体はしっかり選んでいきましょう。

 

関連記事静岡県職員が職場で自殺した事件から考える。公務員のパワハラ改善方法とは

関連記事静岡県職員の自殺事件から元公務員が思う「役所の人手不足」とは

 

 

 

HARU(@harumizuki423

 

自己紹介公務員歴14年で退職しフリーランスへ。HARUの人生ストーリー

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター