役所・会社選びで失敗しないための「3つの選択基準」とは

SPONSORED LINK
現役公務員のツネさん
従業員として働くことが苦痛です。自分に合った仕事はどうやって見つけるのが良いと思いますか??

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 自分に合った仕事を具体的にイメージしていただけます

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

人には価値観がありますよね。

得意不得意もあるし、興味も様々。

 

だから、

  • 小中学校からとりあえず偏差値の高い高校へ
  • 高校からとりあえず偏差値の高い大学へ
  • そしてとりあえず就活をする

 

こういった

「とりあえず」の波に疑問を感じ、

「なんかおかしいぞ」と思えるあなたは感性が鋭いと思います。

 

自分に正直な人です。

 

働き方は公務員や会社員以外にもありますよね。

 

官僚や医者や薬剤師や弁護士などになるのであれば、

偏差値の高い大学を出ておくことが必要になりますが、

いたほうがいいと思いますが、そうではない場合は、別に学歴は関係ありません。

 

今回は、役所・会社選びで

失敗しないための選択基準について書いていきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

“どの会社”ではなくあなたの価値観・得意不得意・興味で働き方を考えよう

4つのクワドラント」をご存知でしょうか?

仕事のワークスタイルは次の4つに分類されます。

  1. 従業員
  2. 自営業
  3. ビジネスオーナー
  4. 投資家

 

このうちのどのワークスタイルが

自分に合っているのかを

考えることが大事です。

 

「自分でなんでも決めたい!」

「自分で責任をとる!」

という価値観をもっている人は、

自営業に向くでしょうけど、従業員には向かないですよね。

 

  1. 価値観
  2. 得意不得意
  3. 興味

で仕事を選ぶと不満は感じにくいです。

 

これすごく大事なことなんですけど、

学校ではこのことを教えてもらえません。

 

ということで、2019526日(日)に

京都で働き方に関するトークイベント・勉強会をおこなうことにしました。

 

現役公務員や会社員のあなたが

いますぐに困ることはないと思いますが、

程よい危機感をもって

「これからどうするか」と

考えていただく機会にしていただければうれしいです。

 

 

4つのクワドラントのトークイベント・勉強会概要

▼タイトル

AI時代の働き方処方箋 ~WORK VIBRATION4.0

 

日時

2019526日(日)
13時〜16時

 

トークテーマ

現代の働き方

 

世の中には“4つの職業しかない。

「どんな仕組みの中で、どんな生き方をするのかでお金と時間にかかわる違いは、全く違う人生になる」

 

ロバート キヨサキ氏の

著書で“4つのクワドラントという

職業の違いが紹介されています。

 

今回の勉強会では、

従業員として働きながら

複業で収入を得ているシンドウトシキと、

元公務員からフリーランスへ転身したHARUと、

カフェ&バーSNACK Candy京都と

ノーザンクロスのオーナーであるぬまっちが

登壇させていただき、これからの働き方について、

参加者のみなさんとともに学んでいきます。

 

タイムテーブル

開場12:30〜

開始13:00〜

 

4つのクワドラントの話
13:10-13:40

 

②お金の話
13:50-14:20

 

③働き方の話
14:30-15:00

 

④Q&A
15:10-16:00

 

~③のトークテーマについては、

講師/speaker3人が各々の観点からセミナー形式で講義します。

④は質問を交えながら、ともにこれからの働き方について考えていく時間となります。

各講義の間の時間は休憩時間/準備とします。

 

▼参加を希望される方は下のページから

Facebookイベントページ

 

 

最後に

ぼくからは主に、

全国出版をした経験から

自分の作品作りと流通網の話や

デジタルメディア運営について

説明させていただきます。

 

「自分に合った仕事はどうやって見つけるのが良いのかな」と

悩んでいる人は、一緒に考えましょう。

 

それでは今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

ブロガー目指してみる…?公務員を辞めて好きなことで生きたい人へ

これからの時代も公務員は安泰?歴14年の元公務員が考えた定年までと定年後とは

ビジネス・対人関係の悩みにはこの1冊!D・カーネギーの著書「道は開ける」とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター